謎の受験ルール「公立高辞退はあり得ない」、都内の保護者はどうすべき?

地方でまことしやかにささやかれている「公立高校に合格したら、辞退はあり得ない」という意見。これは東京でも当てはまるのでしょうか。教育ジャーナリストの中山まち子さんが解説します。


「公立高校の辞退はあり得ない」は本当か

 地方では「公立高校を辞退することはあり得ない」という都市伝説めいた意見をときどき耳にしますが、選択肢の多い東京でも同様なのでしょうか。

 地方の公立高校入試は3月上旬で、私立高校の入試は1月から2月にかけてという地域が多く、私立専願を除けば、受験生の進路は公立高校の合否が判明した後に決まります。私立側も、公立高校の結果が出た翌日まで入学手続きを待つなど、「公立ありき」の立場を貫いています。こういった事情もあり、多くの生徒の進路が決まるのは3月中旬です。

 一方、東京の高校入試は2月に行われ、私立高校は合否判明までの期間が短くなっています。そのため2月下旬頃に行われる都立高校の受験では、願書を提出した生徒でも一部は試験を欠席しているのです。

名門・日比谷高校で入学辞退続出

 平成30年度の日比谷高校(千代田区永田町)の入試では、願書提出が男子329人に対して当日の受験者は258人で、なんと71人も欠席しています。女子の願書提出者は259人で受験者が223人と、36人も欠席しています。合格者の中でも男子は11人、女性は10人が日比谷高校に入学しませんでした。

都立高校の雄・日比谷高校の外観(画像:(C)Google)

 入試欠席者は先に合格した高校へ進学するため、あえて欠席したのでしょう。ここで興味深いのは、合格者の中に男女約10人の辞退者がいた点です。

 おそらく繰り上げ合格によるものですが、実際にトップの都立高校でもこのような事態が起きているのです。この現実は、「公立高校を辞退するのはあり得ない」という東京の「都市伝説」を否定する証拠となります。

 県立高校の雄と呼ばれる埼玉県の浦和高校(さいたま市)は、願書提出者が514人に対して辞退は5人、入試当日の欠席者は0です。公立高校優位の地域では、辞退することすらタブー視されているのは間違いないでしょう。

地方出身の親は自分の経験値で語るべからず

 東京と地方は、私立高校や公立高校への考えが異なるため、東京では「何が何でも公立高校を優先」という考えを捨てるべきです。

 なお公立の中高一貫校や公立高校の受験前に、優先順位の高い国私立高校に合格しているときは配慮が必要です。前述のように日比谷高校に願書を提出したものの、入試当日に欠席した生徒のような行動が「暗黙の了解」となります。

合格祈願の絵馬(画像:写真AC)

「郷に入っては郷に従え」を心に刻み、東京の受験知識を増やして戸惑いを解消していくことが求められます。


【データで知る】2019年 満足度の高い「塾」ランキング発表!

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/12/191212_jitai_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191212_jitai_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191212_jitai_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191212_jitai_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191212_jitai_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191212_jitai_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191212_jitai_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画