「桜を見る会」でおなじみ? 巨大庭園「新宿御苑」はなぜ都会のど真ん中にあるのか

内閣総理大臣が主催する「桜を見る会」の開催場所としてこの時期知られる新宿御苑。そんな新宿御苑の歴史について、フリーランスライターの小川裕夫さんが解説します。


三河譜代・内藤家の領地だった

 ここ数日間、テレビニュースでは「桜を見る会」の話題が大にぎわいです。春に催される「桜を見る会」は、新宿御苑(新宿区内藤町)を会場にして開催されます。都民なら一度は耳にしたことがある新宿御苑ですが、頻繁に足を運ぶことはありません。ましてや、「桜を見る会」に列席したことがある人はほんの一握りでしょう。

 東京都心部に広大な敷地を有しながら、その名前が示す通り新宿区に所在する新宿御苑は謎の多い空間です。新宿駅から徒歩で約10分。遠い距離ではありませんが、園内は駅の雑踏とは打って変わって静かでのんびりとした空気が流れています。また、広大な敷地内にはたくさんの緑があり、四季折々の花々が咲き乱れて美しい光景が来園者を楽しませています。

 なぜ都会の真ん中にこのような自然豊かな新宿御苑があるのでしょうか? それを知るには、江戸時代にまで歴史を紐解かなければなりません。

新宿御苑の様子(画像:写真AC)

 江戸初期、新宿御苑の一帯は三河譜代(松平氏を主君として代々従った家臣)の内藤家の領地でした。徳川政権が江戸に幕府を構えると、内藤家の領地のうち半分ほどが民間に開放されます。同地は甲州街道筋にあたるため、民間に開放されたエリアは宿場町が整備されました。

 明治に入ると、政府は同地に牧畜園芸の改良を目的にした内藤新宿試験場を開設。内藤新宿試験場は、明治新政府が掲げる殖産興業の牽引役を課されます。

 内藤新宿試験場は、主に茶や桑といった農産品の研究に取り組んでいました。また、農機具の改良や製糸の品質工場といった研究も行っています。明治初期の日本の主要産業は農業ですから、内藤新宿試験場がそれらの生産力・品質を高めようとしていたことが窺えます。

ラクダやカンガルーが飼育されていた時代も


この記事の画像をまとめて見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/11/191115_sakura_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/11/191115_sakura_02-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画