本気でハマり始めた人たちに薦めたい「東京ラグビー 生観戦ガイド」

先日のW杯でラグビーの「にわかファン」になった人たちに向け、ライターで編集者の冨田格さんがラグビーのさらなる魅力について解説します。


今期のチケット争奪戦に出遅れても大丈夫

 確かに「大学ラグビーといえば早明戦」というイメージがあるのはわかります。しかし大学ラグビーの楽しみは、次の日本代表候補になりそうな新鋭を見つけることでもあります。

 その観点から注目すべきは帝京大学です。W杯の日本代表メンバーで帝京大学出身は堀江翔太、坂手淳史、姫野和樹、流大、松田力也、中村亮士の6人と群を抜いて多いのです。11月30日(土)に秩父宮ラグビー場で開催される、帝京大vs慶応義塾大のチケットはまだ購入できます。

板橋区の帝京大学のキャンパス外観(画像:(C)Google)

 対抗戦・リーグ戦が終了した後は、大学日本一を決定する「全国大学ラグビーフットボール選手権大会」です。対抗戦Aグループの上位4校、リーグ戦1部の上位3校に、関西大学Aリーグ上位4校、九州学生リーグ1部1位校、東海・北陸・中部・四国代表1校、東北・北海道代表1校が参加します。

 東京では12月21日(土)の準々決勝2試合、2020年1月2日(木)の準決勝2試合が秩父宮ラグビー場で開催、決勝はラグビー人気の盛り上がりを反映して新国立競技場(新宿区霞ヶ丘町)で開催されると発表されました。準々決勝はまだチケットが購入できますし、準決勝と決勝のチケットはこれからの発売なので、購入できるチャンスは大いにあります。

 どの大学が準々決勝まで勝ち上がってくるのかはわかりません。しかしにわかファンの皆さんはW杯で、決勝トーナメントに「推し」の国が出ていなくても楽しめることを実感していますよね。全国の大学トップを争う選手権大会も、上位校同士の試合はどのチームの戦いになろうとも白熱すること確実です。

 もし今期のチケット争奪戦に出遅れ、お目当ての大学の試合チケットが手に入らなかったなら春まで待ちましょう。対抗戦とリーグ戦の上位校18チームが参加する関東大学春季大会が4~6月にかけて開催されます。各グループの上位校同士の試合ですから、この大会もまた白熱間違いなしです。

トップリーグは2020年1月12日開幕


【おさらい】日本代表選手の出身大学一覧。田中選手は京都産業大学、徳永選手は、、、?

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/11/1704_Fotor_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/11/191115_rugby_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/11/191115_rugby_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/11/191115_rugby_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/11/191115_rugby_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/11/191115_rugby_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/11/191115_rugby_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/11/191115_rugby_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/11/191115_rugby_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/11/191115_rugby_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/11/191115_rugby_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/11/191115_rugby_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画