コーディガンは「シーズン寿命」が短い? いいえ、着回し次第で超コスパアイテムに早変わりするんです

秋冬にサッと羽織れば、コーディネートも防寒対策もばっちり決まる、コーディガン。なるべく長く着回すためには、どんなチョイスをすればいいのでしょう? ファッションライターの野々宮怜さんに聞きました。


今年選びたいデザインは、ズバリこれ!

 それでは、今年選びたいコーディガンとコーディネートも見てみましょう!

明るめのグレーは、重くなりがちな冬のコーディネートを軽やかに見せてくれる(画像:ゆとりの空間)

 たとえば軽くて暖かい、ファーのコーディガン。色味はどんなアイテムにも合う薄いグレーです。シーズンカラーのエンジのトップスとも相性抜群。秋冬は暗い色合いの服が増えるので、コーディガンで明るく見せるのが断然おススメです。春先にも着ることを考えて選ぶなら、薄グレーで間違いありません。

王道の暗めカラーなら、この2色!

 冬ですから、暗めのカラーももちろんおススメ。

文句なくコーディネートが決まるネイビーと、安定の落ち着き感がうれしいカーキのコーディガン(画像:ゆとりの空間)

 裏地にファーを配したあったかコーディガンは、切りっぱなしのあしらいと生地の色合いが上品に見える1着です。中にブラウンやブラックなどの秋冬カラーを合わせると季節感にも厚みが出て◎。上品さを演出したい人、コンパクトにまとめたい人はネイビーを、手持ちの服との馴染みの良さを重視する人はカーキを選んでみてください。

 暗めカラーのコーディガンでも着こなしに軽さを出したいのなら、袖部分を1、2回ロールアップして。下に着ているトップスの袖口が見えてメリハリが出ます。おしゃれ小ワザとしてぜひ覚えておいてください。

ストールとの掛け算で、さらにおしゃれ度を底上げ

 それからもうひとつ、真冬はコーディガンの上にストールをプラスすれば、防寒とおしゃれ感を一気に底上げできる簡単こなれコーディネートに。

ストールをプラスしてコーディネートを華やかに(画像:ゆとりの空間)

 首元にしっかり巻けばコーディガンでも温かく過ごせます。大判のストールを選べば、いつものコーディガンをまた別の印象に変えてくれるはずです。

 思っているよりも活用幅が広いコーディガン。自分流の着回しを考えるのも楽しいアイテムです。これからの季節、ぜひ1枚お手元に置いてみてくださいね。


【画像】思った以上に着回しOKなコーディガン。紹介したアイテムを一気におさらい

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/11/191112_fashion_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/11/191112_fashion_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/11/191112_fashion_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/11/191112_fashion_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画