東京で就職も、夫は転勤族で退職。そんな私が『82年生まれ、キム・ジヨン』を読んで気づいたこと

大学進学した女性のキャリア形成の現実について、ライターの宮野茉莉子さんが持論を展開します。


経験しなければ分からない就職・結婚・出産

 子どもの手が離れたと思えば、今度は自分が40代後半~50代に。前出のエージェントは「30代は即戦力、40代は管理経験がないと正社員は難しい」といいます。育児と年齢の天秤に揺さぶられながら、「女性は自分のキャリアは諦める」が日本の現実なのです。

 それどころか実際は新卒から男女のふるいにかけられていたことを、韓国で社会現象を巻き起こした『82年生まれ、キム・ジヨン』(筑摩書房)を読み気付かされました。1984(昭和59)年生まれの筆者は、キム・ジヨンと同世代。金融関係の地域限定職として就職した筆者。思えば就職の時点で総合職は男性ばかり、地域限定職は女性ばかりでした。

キャリアアップのレール上に立つ女性のイメージ(画像:写真AC)

 まだまだ女性は生きづらい日本。言われたレールを歩んできたものの、レールが途切れ「こんなはずじゃなかった!」と叫びたい女性も多いのです。

「産む前に考えて」という声もあるでしょう。ただ「就職・結婚・出産」という大きな決断を、世間の現実を知らない20代で決めるには簡単ではありません。就職も、結婚も、出産も、「経験しなければ分からない」のが本当のところではないでしょうか。

 時代は変わり、結婚すれば安泰ではなくなりました。女性も男性並みに稼ぐことが求められる現代は、出産後のレールを繋げていく必要があるでしょう。

次世代のために、自分から変えていく意識を


【調査結果】就職氷河期世代の主婦層への支援は必要?

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/11/191106_kim_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/11/191106_kim_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/11/191106_kim_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/11/191106_kim_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/11/191106_kim_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/11/191106_kim_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/11/191106_kim_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/11/191106_kim_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/11/191106_kim_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/11/191106_kim_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/11/191106_kim_02-150x150.jpg

New Article

新着記事