2019年冬の「トレンド鍋」はいったい何? ヒントは「進化した辛味」、過去にはミルフィーユ鍋や痛風鍋などがブームに

冬の定番料理ナンバーワンといえば、やっぱり鍋でしょう。毎年さまざまなブームの味が登場して私たちを楽しませてくれますが、果たして2019年の注目は何でしょうか? ホットペッパーグルメ外食総研・上席研究員の有木真理さんが大胆予想します。


外食でなければ楽しめない鍋の魅力とは?

 前述したように、鍋といえば家庭でもバラエティ豊かな鍋が楽しめる時代です。鍋の世界に限らず、外食業界は今、熾烈(しれつ)な競争を繰り広げています。

 その強敵は「中食(惣菜や弁当などを買って、家で食べること)」市場。わざわざ外食に行かなくても、テイクアウトやデリバリー、お惣菜で本格的な料理が楽しめるようになったからです。外食はその中食といかに差別化を図るかが迫られているのです。

 では、消費者は外食に何を求めるのでしょうか? 家庭では楽しめない特別感とはどのようなものなのか、外食が生き残っていくためには多くの要素が必要になりますが、そのなかでも「エンターテインメント性」と「専門性」、このふたつのキーワードが非常に重要であると筆者は考えています。

 わざわざそこに行かなければ体験できない味やパフォーマンス、あっと驚く食材の組み合わせで想像力をかき立てることが重要で、鍋についても同じことが言えるでしょう。

 外食では毎年、新しい鍋が登場しますが、その傾向は毎年の食トレンドを象徴しているとも言えます。

鶏の出汁が楽しめそうな「コラーゲンスープと和スパイスの鶏鍋」(画像:リクルートライフスタイル)

 SNSの利用が話題になり始めたころは、ステーキが丸ごと入ったインパクトのあるステーキ鍋や、とろ~り溶けるチーズが動画映えするチーズ鍋が登場。そして糖質制限に代表される健康志向がやってくると、きのこ鍋、白菜のミルフィーユ鍋、青菜をてんこ盛りにした草鍋といったヘルシーな鍋が女性たちの間で大人気に。いっぽう健康志向の反動で、白子やあん肝などをたっぷり使った「痛風鍋」や、〆の炭水化物に力を入れた高カロリーな「背徳鍋」も人気となりました。

 こうして過去の流行を振り返ってみると、「これならわざわざ外食に行って食べてみたい!」と思わせる鍋が毎年登場しているのです。

 そしてそれらの鍋は、少々エッジの効いたものが多いという印象です。外食で鍋を食べるシーンというのは、大人数で行う会社の宴会などよりも、趣味趣向の合う仲間と少人数で行くプライベートな場面の方が適しているのかもしれません。

 では、2019年はどんな鍋がブームになるのでしょうか?

2019年の鍋トレンドは「生スパイス」!


【調査】スパイス料理、食べていますか? 男女1032人にアンケートした結果は

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/11/191101_nabe_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/11/191101_nabe_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/11/191101_nabe_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/11/191101_nabe_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/11/191101_nabe_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/11/191101_nabe_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/11/191101_nabe_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/11/191101_nabe_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/11/191101_nabe_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画