「ザ・純喫茶」な上野の老舗名店 昭和レトロな豪華内装がむしろ新鮮?

レトロな内装や調度品、それから王道な珈琲(コーヒー)と昔ながらの軽食メニューが魅力の「純喫茶」。皆さんは行ったことがありますか? 東京喫茶店研究所二代目所長の難波里奈さんが、純喫茶の世界をご案内します。


喫茶店誕生の地、上野

 日本で初めての喫茶店は、鄭永慶(てい・えいけい。別名・西村鶴吉)によって1888(明治21)年4月13日に上野の地で産声をあげました。「もりそば」が8厘であった時代に、珈琲(コーヒー)1杯は1銭5厘と高級な嗜好品。店内にはビリヤード場やシャワー室も兼ね備えていて、ハイカラなサロンのような役割も果たしていたそうです。

 1927(昭和2)年に東洋初の地下鉄が浅草~上野間で開通するなど、各地から訪れる人々の窓口として栄えてきた上野。現在でも、交通の便の良さはもちちん博物館に美術館、動物園など文化への入り口として多くの往来で賑わう街です。

 そんな上野界隈には、映画やドラマの撮影場所にも使用される昭和の空気感をそのままに残した素敵な純喫茶が数多く存在しています。

 例えば「丘」「ギャラン」「王城」「マドンナー」「古城」……。今回は喫茶店を訪れることにまだ慣れていない人でも入りやすく、一度足を踏み入れたらその美しい世界に恋い焦がれてしまうような素晴らしい内装を持つ「古城」をご紹介します。

 東京メトロ銀座線1番出口を出て歩くこと2、3分。「高級喫茶」という看板が掲げられた地下への階段が見えてきます。

 入り口からすでに注目すべきところがたくさんあります。女性を模したドアノブの形状、壁に貼られた黄金色の獅子たち、馬に乗った勇者たちのステンドグラス、足元を照らすダイヤモンドのような形をした大きなシャンデリア……。

 高鳴る胸をおさえながら地下のフロアへたどり着くと、その奥にはさらに、溜息が出るような美しい世界が。

純喫茶「古城」の店内。先ほどまでいた現実世界を忘れるような非日常の空間(画像:難波里奈)

 視界の一番奥に、異国の教会のようなステンドグラス。天然石をふんだんに使用したゴージャスな仕切り。背もたれに白い布が掛けられた深緑色の椅子……。

 少し暗めの照明も手伝って、今自分がどこにいるのかわからなくなってしまうような非日常感に包まれる心地良い時間。店内の注目オブジェを店員さんに尋ねてみたところ、入り口から見て左側の壁に大きく描かれた富士山とのことでした。こちらを眺めるのも、どうぞお忘れなく。

 喫茶店の定番メニューであるナポリタンやクリームソーダはもちろん、サンドイッチやレモンスカッシュなど食事メニューも豊富です。混み合うランチの時間をずらして、珈琲だけでなく軽食も一緒にゆっくりいただくのもお薦めです。

喫茶店で珈琲を飲む楽しみとは


【写真特集】昭和の流麗な内装を今に残す、これぞザ・純喫茶「古城」

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/10/191030_cafe_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191030_cafe_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191030_cafe_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191030_cafe_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191030_cafe_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191030_cafe_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191030_cafe_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191030_cafe_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画