IOCの東京五輪マラソン札幌開催案、あなたはどう思う? 衝撃と混乱が導く末にあるものとは

IOCが提案したマラソン・競歩の札幌開催案について議論が紛糾しています。いったい同案は適切といえるのでしょうか。フリーランスライターの小川裕夫さんが解説します。


真夏のマラソン・競歩 常に危険と隣り合わせ

 現時点において、マラソン・競歩の札幌開催への変更は確定していません。東京五輪のマラソン・競歩のコースはすでに決定しており、それを変更するには莫大な修正作業が生じます。IOCが札幌開催を提案したからといって、簡単に変更はできないのです。

オリンピックのマラソン競技のイメージ(画像:写真AC)

 コースの設定には交通規制のために警察や地元自治体に協力を仰ぐため、入念な準備が必要です。仮に札幌で開催されることになった場合、コース設定のやり直しやボランティアの再募集、チケットの払い戻しといった大きな混乱も生じます。“アスリートファースト”を標榜するなら、そうした混乱を覚悟しても札幌開催に変更するのがベターな選択といえるでしょう。

 しかし、仮に札幌開催に変更しても、それで一件落着にはなりません。2014年1月の香港国際マラソンは、気温17度のコンディションで実施されました。同レースは死者ひとり、40人が病院に搬送されるという重大事態が発生しています。

 1月の香港より、8月の札幌の方が高気温になることはほぼ確実。例え札幌で開催されても、真夏のマラソン・競歩が危険と隣り合わせであることは変わらないのです。

 IOCの提案を受けて、東京都や組織委委員会はどのような決断を下すのでしょうか? 札幌に開催が変更されれば、「ほかの競技も札幌開催に」という声が相次ぐことが想定されます。そうなった場合、どう対応するのでしょうか?

 開催まで1年を切った東京五輪は、風雲急を告げています。果たして、つつがなく開幕を迎えることはできるのでしょうか?


【アンケート調査】スポーツ飲料などに期待する効果、「熱中症対策・予防」が6割という結果に

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/10/191020_olympic_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191020_olympic_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191020_olympic_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191020_olympic_02-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画