知られざる江東区のチャイナタウン! 「亀戸中央通り商店街」のガチっぷりがすごい

亀戸で現在勢いのあるチャイナタウンについて、ルポライターで著作家の昼間たかしさんが解説します。


中国の「日常」がある

 しかし、そこは人口14億人の国。日本に暮らす中国人の数も増えた結果、関東のあちこちに新たなチャイナタウンが生まれています。埼玉県の川口市、都内は池袋と亀戸です。

亀戸中央通り商店街の飲食店の様子(画像:昼間たかし)

 こうした街が中華街と違うのは、観光地ではないことです。中でも最寄り駅の利用者が多かったり、歓楽街が近接していたりして、常に人通りが多い川口や池袋と異なり、亀戸は用がないと訪れない地域。ゆえに、完全に「日常」しかないのが特徴です。

 その中心になっているのが亀戸中央通り商店街。亀戸駅北口から徒歩5分ほど。休日に昼飲みで賑わうエリアを抜けた先にある下町の商店街です。そこにあるのは、多くの中国人向けのスーパーや中国料理店。別に観光客を呼び込むわけでもなく、下町の日常に溶け込んでいるのです。

 その日常感を一番味わえるのは料理店です。刀削麺でも食べようかと適当な店ののれんをくぐると、中国人客だけというのは当たり前。店員に日本語が通じないこともあります。先日も刀削麺を指さしたら、中国語でなにかを尋ねられました。まったくわからないので、数少ない知っている言葉である「我是日本人」といったら、なにかを納得して調理をはじめました。何を聞かれていたのかわかったのは、料理が運ばれてきてから。どうも「パクチー入れていい?」と聞いていたようです。

 こうした「一応日本語の看板も出しているけど、メインの客は中国人だよ」という店舗は、日本人が入ると気を遣ってくれます。どうも日本人はあまり匂いの強いものや辛いものが苦手と思っているらしく、「辛いのいい?」ともよく聞かれます。親切な人だと最初から少なめにしてくるときも。そうしたときは、恐れることなく辛くして大丈夫だと主張しましょう。「辛いの好き!」など日本語でいっても、だいたい通じます。

アジア各国の人々が入り乱れている


【地図】駅からたった徒歩5分! 「亀戸中央通り商店街」の場所を……見る?

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/10/191010_kameido_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191010_kameido_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191010_kameido_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191010_kameido_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191010_kameido_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191010_kameido_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191010_kameido_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191010_kameido_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191010_kameido_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画