約100年前に勃発、村民の存亡をかけた「玉川上水盗水作戦」とは何か?

住宅が密集する幡ヶ谷エリアに約100年前、水を巡る知られざる戦いがありました。そのエピソードについて、都市探検家・軍艦島伝道師の黒沢永紀さんが解説します。


村民の存亡をかけた大作戦

 玉川上水からの分水以前は、杉並区の和泉付近の湧水池を水源とする細流がいくつかあり、その川の水でまかなっていました。この細流はやがて西新宿で神田川に合流していたことから、神田川笹塚支流と呼ばれたり、またその源流の地名から和泉川と呼ばれたりもします。

甲州街道から北へ伸びていた逆川から笹塚支流への落水路の跡(画像:黒沢永紀)




 しかし笹塚支流は、あまり良水とはいえず、いつも水不足に悩まされていたといいます。そこへ玉川上水が完成し、分水口が設けられることになったので、地域の住民は分水口から引いた水を、笹塚支流の上流域へ落水することにしました。

 幡ヶ谷分水口から甲州街道まで、一直線に真北への引水は問題ありませんが、そこから笹塚支流の上流へ合流させるには、甲州街道を西へ流さなくてはなりませんでした。しかし東京の川は基本的に山岳地帯から東京湾へ、すなわち西から東へ流れるのが普通なので、いわば逆流させることになります。そのことからこの川は逆川と呼ばれていました。

 玉川上水からの落水で水量が増え、村民の少なかった江戸時代は、それで十分潤っていました。しかし、明治になって人口が急増し、水田も激増して水の需要も飛躍的に拡大すると、再び水不足に悩まされることとなります。村民はいく度となく、取水口の拡張を申し出るものの、お上がまったく取り合ってくれません。もはや死活問題となった村民が思いついた苦肉の作が「玉川上水盗水作戦」でした。

「玉川上水盗水作戦」とは何か?

 その作戦とは、笹塚支流の下流域にあった弁天神社の弁天さまをこの取水口のすぐ近くに遷座(せんざ。神仏の座を移すこと)して祠を建て、その周りに池を造って弁天池とし、池の地下と玉川上水を地下水路でつないで、池と上水を通水するというものでした。村民が交代で夜な夜な掘り続けた結果、やがて上水路と繋がった池は水をたたえ、それをあたかも湧き池のように装って、池を経由した玉川上水の水を逆川へ流し込んだといいます。

逆川から笹塚支流への落水路のうち、水路の形がかろうじて確認できる区間(画像:黒沢永紀)

 やがて時代は大正に入り、幡ヶ谷地区の農村を苦しめた分水制限も緩和して水量が増えると、弁天さまの偽装湧き池も必要がなくなり、本尊の弁天さまは幡ヶ谷地区にある氷川神社へ摂取され、境内の片隅に厳島神社として祀られることに。こうして村の存亡をかけた「玉川上水盗水作戦」は終わりを迎えました。

幡ヶ谷分水の現在


【写真】懐かしい、そしてなぜか落ち着く……都内にある路地裏の風景(13枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/10/191003_hatagaya_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191003_hatagaya_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191003_hatagaya_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191003_hatagaya_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191003_hatagaya_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191003_hatagaya_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191003_hatagaya_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191003_hatagaya_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191003_hatagaya_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191003_hatagaya_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191003_hatagaya_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191003_hatagaya_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191003_hatagaya_05-150x150.jpg

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画