映像と音に体が包まれるような臨場感! 有楽町マリオンに都内初「ドルビーシネマ」誕生

2019年10月2日

お出かけ
ULM編集部

有楽町マリオン5階にある映画館「丸の内ピカデリー」に、都内初となる「ドルビーシネマ」がオープンします。最先端の映像と音響技術、シアターデザインの一体化により、スクリーンのなかにいるかのような没入感を楽しめるもので、記者内覧会に訪れて体感してみました。


来春、ドルビーシネマで日本映画『Fukushima 50』を公開

 大沢社長の解説のもと、3つの異なる映画のシーンを数分づつ上映。ディテールを際立たせる色域の広さと鮮やかさ、輝度、光と闇のコントラストによる立体感がもたらす、現実の世界に近いリアルさが、映画の世界観に引き込んで行きます。

色域の広いドルビーシネマの映像(2019年10月1日、宮崎佳代子撮影)

 ドルビーアトモスは、音が360度から聞こえて来るかのようで、振動も感じられ、音楽シーンの迫力たるやかなりのもの。この音響で映画を見てしまったら、他の劇場で映画を見られなくなるのではないかと思ったほど。

 ドルビーシネマを体感してみて、作品の世界観がより美しく、繊細に伝わってきて、「映画館で見る価値」を大いに感じさせてくれます。

 オープン日の10月4日(金)からは、『ジョーカー』(配給:ワーナーブラザーズジャパン合同会社)が上映されます。2020年3月には、日本映画『Fukushima 50』(配給:松竹/KADOKAWA)が上映予定であることが発表され、若松節朗監督がドルビーシネマでの上映への抱負を語る様子が映し出されました。

 ドルビーシネマ作品の料金は、鑑賞料金にプラス600円で、10月4日のオープン日は、先着特典として「ドルビーシネマ限定ビジュアル・クリアファイル(非売品)」が進呈されます。

●丸の内ピカデリー ドルビーシネマ 施設概要
・場所:東京都千代田区有楽町2-5-1 有楽町マリオン新館5階
・料金:ドルビーシネマ作品 鑑賞料金+一律600円、ドルビーシネマ3D作品 鑑賞料金+一律1000円 ※価格は税込
・チケット購入方法:インターネット購入は上映3日前から
・アクセス:JR「有楽町駅」銀座口から徒歩1分、各線「銀座駅」C4出口から徒歩1分


ドルビーシネマの色鮮やかな映像(8枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/10/191001_dorbycinema_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191001_dorbycinema_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191001_dorbycinema_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191001_dorbycinema_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191001_dorbycinema_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191001_dorbycinema_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191001_dorbycinema_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191001_dorbycinema_02-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画