城東地域の副都心、進化する「錦糸町」の歴史をひも解く

墨田区の南部に位置する錦糸町は近年開発が進み、駅は東京・城東地域の一大ターミナルとして知られています。そんな錦糸町のこれまでを、まち探訪家の鳴海侑さんが解説します。


駅ビルは1972年、テルミナに改名

 江東楽天地は第二次世界大戦後に事業拡大をはじめます。劇場を増設し、パチンコビル、場外馬券発売所、子ども遊園地、ロープウェイ、温泉といったさまざまな娯楽施設を敷地内に作りました。

現在の錦糸町駅周辺の地図(画像:(C)Google)

 続いて江東楽天地は錦糸町駅の駅ビルに出資します。これは民間が国鉄の駅ビル建設の費用を一部負担する代わりに、新しい駅ビルにテナント出店することができる「民衆駅」という制度を活用したものです。そして1962(昭和38)年に「駅ビルきんし町」が開業します。さらに1972年には現在のテルミナに改名しました。

 ちなみに現在、江東楽天地はありません。なぜなら再開発によって「楽天地ビル」が作られたためで、1980(昭和55)年から1986年にかけて2期にわたって再開発が行われました。

そごうG破たんで「アルカキット錦糸町」誕生

 このあと、駅北側の再開発が進みます。そもそも北口改札は1978(昭和53)年の設置で、開発が南側中心になっていたのは必然でした。この北口改札の設置は国鉄の貨物ターミナル跡地と都電錦糸堀車庫跡地などからなる4haの再開発計画が持ち上がったことがきっかけで、この再開発が北口の姿を大きく変えることになります。

 1983(昭和58)年に「錦糸町駅北側用地活用検討委員会」が立ち上がると、住宅・文化施設・商業ビル・バスターミナルからなる再開発を計画します。1988年にはそごうと東武ホテルの出店が決まり、その後は比較的順調に再開発が進行。1997(平成9)年に再開発が完成し「アルかタワーズ」が生まれます。しかし、2000年にはそごうグループ破たんでそごう錦糸町店は撤退、跡地は2002年に専門店ビル「アルカキット錦糸町」として再出発するという波乱もありました。

錦糸町駅北口に建つ「アルカキット錦糸町」(画像:(C)Google)

 2002(平成14)年から今度は錦糸公園北側にあった精工舎工場跡地を再開発する工事が始まり、2006年に商業施設、住宅棟、オフィス棟からなる「オリナス」が完成します。

 さらに、2003年に営団半蔵門線(2004年から、東京メトロ半蔵門線)が水天宮前駅~押上駅を開業。これまで弱かった南北の交通が強化され、錦糸町の拠点性が強化されました。実際に半蔵門線開業前と2017年を比較すると、JR錦糸町駅の乗車人員は約2万人(25%)の増加となっています。

鉄道新路線の建設計画も


【画像】早ければ10~20年後に開通? 錦糸町駅から東陽町駅を結ぶ、鉄道新路線の延伸構想

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/09/190925_kinshicho_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190925_kinshicho_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190925_kinshicho_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190925_kinshicho_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190925_kinshicho_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190925_kinshicho_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190925_kinshicho_06-150x150.jpg

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画