複数育児は本当に大変! それでも最近「前より楽になった」と感じる機会が増えたママのつぶやき

目が回るほど忙しい子育て。ましてやその数が複数だったら……そんななかで3児のママライターの宮野茉莉子さんは最近、以前より楽になったと感じる機会が増えたようです。いったいなぜでしょうか。


「1秒だけ目をつむる」と決めたお風呂タイム

 乳幼児の育児で、一番大変なのが「お風呂」でしょう。気力だけでなく体力も使うため、お風呂を出た後はプールの授業を終えた後のようにゲッソリです。

子育てのイメージ(画像:写真AC)

 3人目が生まれたばかりの頃は、上の子が6歳と2歳。お風呂では、2歳児と0歳児のすべての介助が必要なので、自分自身はまともに洗えませんでした。

 特に大変なのが、0歳児がつかまり立ちをするまでです。5~9か月頃はお風呂用のベビーマットでおとなしく待っててくれず、寝返りをしたり、ハイハイしたりするので、浴室内は危険大。

 顔を洗うのもシャンプーを流すのも、「目をつぶるのは1秒だけ」と決め、流し方にあらゆる工夫を凝らし、瞬時に行いました。コンディショナーは洗い流すのに時間がかかるので、シャンプーのみという日々は何年も続きます。

 0歳児をベビーマットや足の上で洗う横で、イヤイヤ期の2歳児は「お風呂に入りたくない」「体を洗いたくない」「パジャマに着替えたくない」のないない尽くし。2歳も浴槽内は危険なため、こちらも目が離せません。

 お風呂を出た後も自分の保湿はできず、サッと体を拭いて着替えたら、子どもたちの着替えに保湿にと追いかけ回る日々。一日の終わりにこれだけ体力を使うものが待ってるなんて……と当時は思いました。

「楽になった」は後から気付く


【調査結果】子育ては幸せな半面、心配事や不安もいっぱい 育児に関するお困りごと発表!

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/09/190905_raku_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190905_raku_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190905_raku_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190905_raku_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190905_raku_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190905_raku_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190905_raku_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190905_raku_02-150x150.jpg

New Article

新着記事