1953年完成も、解体間近の「中野駅前住宅」が伝える集合住宅の「原点」とは?

中野駅前に、1953年完成の鉄筋コンクリート造のアパートがあります。その名も「中野駅前住宅」。こんな古いアパートはいったいなぜ今まで残ってきたのでしょうか。その歴史と詳細な造りを、都市探検家・軍艦島伝道師の黒沢永紀さんが解説します。


風通し良好で、エアコンいらず

 6棟(完成時は7棟)の建物はすべて「かまぼこ」とか「羊羹」などと呼ばれた階段室型。棟の中に数か所の階段があり、階段踊り場の両側に部屋が施工される、戦後団地のスタンダードな構造です。

戦後の団地としては珍しい、スクラッチ・タイルで飾られた階段の出入口(画像:黒沢永紀)

 階段室型は、スペース的に無駄が多い構造ですが、部屋の対面する2方向に大きな窓を設置できるので、とても風通しが良いのが特徴です。エアコンがなく、また必要もなかった戦後の時代。夏でも窓を開け放てば、扇風機すらいらないくらい涼しかった当時の日本の気候を前提に考案されたのでしょう。

 建物の周囲に低木や草花と併せて、背の高い木がいくつも植樹されているのも戦後の公共団地の特徴的な造りで、これは現在も受け継がれています。ご多聞に洩れず、中野駅前住宅の敷地内にも、定番のヒマラヤスギが何本も育っていました。

 居室は、全室6畳+4畳半にキッチン1.8畳で30平方メートル弱の2K。「C型」と呼ばれた造りで、これも外観と同様に戦後の公共団地を一世風靡した、最も基本的な間取りです。

壁面にもスクラッチ処理が施された作り

 そんな昭和の典型的な団地の光景を作り出していた中野駅前住宅ですが、ほかの公共住宅と異なる点が少しありました。それは装飾が見られること。特に階段出入口の周囲をスクラッチタイルで囲い、さらに棟ごとに色やスクラッチの具合に変化を与えています。スクラッチタイルとは、表面に引っ掻き傷を入れて焼いたタイルで、戦前、特に昭和初期の建物に多用されました。

スクラッチ・タイルよりさらに珍しい、弧を描く部屋の角の処理(画像:黒沢永紀)

 スクラッチタイルの使用は顕著なものですが、それ以外にも、壁面にタイルと同様のスクラッチ処理が施されているのも、戦後の鉄筋アパートとしては珍しいことではないでしょうか。

 室内に目を向けると、各部屋の角に弧を描く処理が施されているのも珍しく、これは戦後の団地に限らず、あらゆる時代の団地やマンションと比べても、ごく稀な例だと思います。

 戦前には「豆腐に目鼻」と揶揄されて受け入れられなかった無装飾な建築、すなわちモダニズムの建築も、戦後アメリカ文化の流入などでその新規性がやっと理解され、装飾を排除した建物が続々と建てられるようになりました。公共の集合住宅も例外ではなく、階段や窓といった機能的な要素だけで構成された建物が、戦後の団地の大きな特徴です。

竣工当時は高級だった


【写真】懐かしい、そしてなぜか落ち着く……都内にある路地裏の風景(8枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/08/190820_nakano_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190820_nakano_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190820_nakano_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190820_nakano_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190820_nakano_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190820_nakano_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190820_nakano_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190820_nakano_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190820_nakano_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190820_nakano_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190820_nakano_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190820_nakano_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190820_nakano_05-150x150.jpg

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画