20年前の東京で味わった「大失恋」。彼女との思い出に苦しんだ僕が、なんとかサバイブできた理由を明かす

さまざまな著書があり、複数のベンチャー企業の役員などを務める須田仁之さん。そんな須田さんが20年前に味わったという自身の大失恋を通して、令和時代の人々へメッセージを送ります。


通勤定期券内でフラッと降りて自ら街歩きを

「大失恋災害」は職場環境を変えると同時に、遊び(主に飲食)に繰り出す街も「バッサリ」と変えなければなりませんでした。ただ、東京の繁華街は主にターミナル駅に集中していて、仕事を変える以上に難易度が高め。自宅から勤務地への通勤圏内におけるターミナル駅(新宿、池袋、上野)には多くの「思い出地縛霊」が潜んでいました。そこで僕は通勤途中で「普段降りることのない駅」を新たな拠点にすることにしました。

 僕は同じような通勤環境の旧友を誘って、テレビ番組「ぶらり途中下車の旅」のように新拠点の開拓に勤しみました。20代で遠距離通勤していた当時、僕にとってそれはJR常磐線、千葉県の「柏駅」になりました。その地は過去恋愛の地縛霊がゼロであり、かつ、都心のターミナル駅に比べても、チェーン居酒屋やカラオケ店も揃っていて、繁華街としては十分な環境だったのです。

 柏も令和の現代に置き換えるとどうでしょうか? 通勤事情は人それぞれなので、全員にマッチするスポットを紹介するのは難しいのですが、いずれにしても、この新拠点選びのポイントは「ぶらり途中下車の旅」のように、通勤定期券内でフラッと降りて自ら街歩きをすることです。

古本とカレーが有名な神保町の街並み(画像:写真AC)

 現在の僕でいうと、仕事の移動で半蔵門線や大江戸線をよく使うので、渋谷や六本木などの主要駅は避け、「神保町」や「水天宮前」、「大門」や「月島」「門前仲町」あたりが途中下車スポットになるでしょう。ラーメンやカレーなどのB級グルメの有名店をひとりで巡るのもいいですし、煮込みややきとんのおいしい店でホッピーを嗜むなんてプレイが出来そうです。

 ということで、20年も前の事象を何となく現代風に翻訳してみました。しかし、「こんなもん参考になるかい、ボケ!」と現役20代にディスられることを想像すると、令和おじさんになった今の僕は、少々びびってしまいます(苦笑)。


【インターネット調査】血液型別・失恋からの立ち直り方傾向。B型は「仕事・カラオケ」に走る発散タイプ A型は「ストーカーのようになってしまう」執着タイプ!

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/08/190815_shitsuren_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/190815_shitsuren_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/190815_shitsuren_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190815_shitsuren_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190815_shitsuren_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190815_shitsuren_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画