なぜ看板会社がパン屋さんを経営? 町田で大人気「サニーベッカリー」、その徹底したこだわりとは

2019年6月24日

ライフ
ULM編集部

町田市で人気のパン屋さんに「サニーベッカリー」があります。もちもちとした食感の生食パンが人気の同店に、新作バケットが誕生しました。皮はサクッとしていて、中はもっちりという新感覚バケットです。


皮はパリッ、なかはもっちりの新作バケット

「バケットはシンプルなゆえに、特徴のあるものを作るのは、熟練のパン職人がいなと非常に難しいものでした。そのなかで、皮はパリッとしていて、なかは艶やかでもっちりという理想の食感と味わいを生み出すのに3年かかりました」(小山さん)

 新作バケットの名前は、「北海道十勝のゆめちからと奥多摩の老舗石川酒造の酒粕が出会った新作バゲット」。良質な酒粕が小麦粉のうま味を引き出しただけでなく、皮のパリッとした芳ばしさにも効果を発揮。「まさに、新感覚のバケットです」といいます。

サニーベッカリーの新商品「北海道十勝のゆめちからと奥多摩の老舗石川酒造の酒粕が出会った新作バゲット」340円(画像:アイワ広告)

 サニーベッカリーでは、その日の朝に生地をこねて焼き上げるまでをノンストップで行う工程「スクラッチ製法」を採用しています。パンを量産するために、前日に作った生地を冷蔵し、翌日に焼くパン屋さんも多いなか、それをしないのも同店のこだわだそうです。「効率は悪いんですけどね」といって小山さんは笑います。

 無添加で、自然の味わいを楽しんでもらうことも大切にし、そのため「ここのパンを食べたら、他のパンを食べられない」と言われることも少なくないとか。お客様目線のこだわりがたっぷり詰まった、生食パンと新感覚バケット。「朝ごね」のためなくなり次第、販売終了なので、店頭での購入の際はお早めに。予約も可能としています。

●サニーベッカリー
・所在地:東京都町田市旭町1-21-14
・営業時間:7:30~18:00
・定休日:火曜日


外はパリッ、中はもっちりの新作バケット(6枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/06/190618_aiwaad_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190618_aiwaad_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190618_aiwaad_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190618_aiwaad_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190618_aiwaad_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190618_aiwaad_02-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画