上皇ご夫妻のお引っ越し先「高輪皇族邸」周辺は、歴史散策にうってつけだった

上皇上皇后両陛下のご転居先となる港区高輪の高輪皇族邸。周辺は、歴史的な公園や寺など名所が多く、来春開業予定の高輪ゲートウェイ駅も話題です。地形散歩ライターの内田宗治さんが、おすすめの高輪散策コースを紹介します。


丘下と丘上を結ぶ路地散策がおすすめ

 周辺の特徴は、坂とお寺が多いこと。高輪皇族邸から歩いて10分程度以内に、歴史散策向けのスポットが目白押しです。

 甲羅中央の縦線(二本榎通り)を上(北)に約500メートル行くと右側(東側)に亀塚公園があります。ここは旧皇族の華頂宮邸だった所で、公園内の円墳状の高地からは、眼下の東京湾をはじめ360度の展望が楽しめたといいます。

 亀塚公園へと甲羅の左側から登ってくる坂が、その名も幽霊坂。東京23区内には、幽霊坂という名の坂が少なくとも15か所以上ありますが、寺や墓地に囲まれた坂がこう名付けられるようで、ここもそのひとつ。

 一帯の三田4丁目は20以上の寺があり、寛永12(1635)年、江戸城の拡張で八丁堀にあった寺院群がここに移されたものです。

泉岳寺山門。背後の台地上に高輪皇族邸などがある(2019年5月、内田宗治撮影)

 高輪皇族邸の南東、甲羅では右下にあたる所にあるのが、『忠臣蔵』で知られる赤穂義士の墓地のある泉岳寺です。主君の敵として討ち取った吉良上野介の「首洗い井戸」などもあり、訪れる人が多く、四十七士たちなどの墓前には常に線香の煙が絶えません。

 興味深いのは、高輪皇族邸などがある丘上と泉岳寺などのある丘下とを結ぶ一般道が、この付近の二本榎通り沿い約800メートルにわたって無いことです。甲羅でいえば、縦線はあるものの、横線がないのです。丘上のお屋敷街と、丘下の庶民の町との断絶を実感させてくれます。

 実は丘下と丘上を結ぶ迷路のような路地が存在します。泉岳寺山門と高輪中学との間をすり抜けるようにして続く道で、ぜひここを散策することをおすすめします。

周辺には都内有数の珍スポットも


【写真で分かる】東京の珍スポット「ちょうちん殺し」ってどんな場所? 高輪皇族邸周辺を歩いた様子

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/06/190620_takanawa_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190620_takanawa_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190620_takanawa_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190620_takanawa_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190620_takanawa_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190620_takanawa_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190620_takanawa_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190620_takanawa_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190620_takanawa_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190620_takanawa_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190620_takanawa_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190620_takanawa_03-150x150.jpg

New Article

新着記事