明治天皇にも献上 銀座木村家が150年貫く、不変の「あんぱん哲学」とは

あんぱんの元祖といえば、創業150年を迎えた銀座木村家。日本のパン文化の広がりに大きく貢献した同店。創業時から変わらないこと、変わったこと、あんぱんが手のひらサイズである理由を聞きました。


目まぐるしく変貌するパンや「変わり種」も

 そんな木村家ですが、あんぱん以外の部分では、大きく変わり続けているといいます。2015年には、ビルの上階にあるレストランに、かつて銀座の名店といわれたフランス料理店「マキシム・ド・パリ」の料理長らが入社。

「せっかく一流の料理人が来たのなら、その料理の腕を活かしたパンを出せないだろうかと考え、『ミートパイ』や『ピロシキ』などを販売するようになりました。料理人とパン職人、お互いが『こんなパンが良いのではないか』と対話しながら、新しいパンを作り出しています」

一流料理人が具の調理を担当した「ピロシキ」や「ミートパイ」も販売されている(2019年、高橋亜矢子撮影)




 さらに、各パン職人も随時、自発的に新製品を提案しているとのこと。社長にプレゼンを行い、通れば、すぐに店頭に並ぶといいます。

「皆、結構チャレンジしています。やらされるのではなく、やって評価されることが自信にもつながっているようです」

 そして、まったく変わらないあんぱんにも、変わり種の商品がありました。なんと、30個分の大きさの大サイズ(4500円)や、50個分の大きさの特大サイズ(8500円)があるのです(いずれも購入の際は1週間前に予約要)。

「内側はマトリョーシカのように、あんぱんが何重かになり、層をなしています。ただあんを包んで焼くのだと、この大きさにはできないんですよね」

 どんな味なのでしょうか? 聞いたところ「歯ごたえがあるんですよ」とあんぱんらしからぬ回答。「味は、小さい方が断然美味しいですよ」とのことですが、パーティーなどで喜ばれそうと感じます。

「良い物を作り続けて、売り続けているだけ」

「うちは、良い物を作り続けて、売り続けているだけです」と淡々と、でもはっきりとした口調で話す上野さん。

「創業者は先見の明があったのかもしれませんが、始めた頃には、まさか今のようになることまでは、想像していなかったのではないかと考えています。お店がここに出来た当時は、銀座もまだ、そこまで栄えていませんでした」

 むしろ、同店の存在が、銀座発展の要因に数えられるのかもしれません。

 歴史が動くきっかけは、人間ひとりひとりの手の中に。木村家から生まれるパンの数々は、これからも根幹の部分を変えることなく、続いていくのでしょう。

●銀座木村家
・住所:東京都中央区銀座4-5-7
・アクセス:東京メトロ各線「銀座駅」A9、A10出口からすぐ(※2019年9月頃までは、A9出口は工事のため閉鎖中)
・営業時間:10:00~21:00
・定休日:無休(大晦日、元旦を除く)


【写真】あんぱん、亀、ピロシキ…「銀座木村家」のパンの写真を見る(37枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/06/190607_ki_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190607_ki_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190607_ki_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190607_ki_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190607_ki_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190607_ki_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190607_ki_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190607_ki_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190607_ki_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190607_ki_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190607_ki_14-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190607_ki_15-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190607_ki_16-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190607_ki_17-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190607_ki_18-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190607_ki_19-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190607_ki_20-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190607_ki_21-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190607_ki_22-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190607_ki_23-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190607_ki_24-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190607_ki_25-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190607_ki_26-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190607_ki_27-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190607_ki_28-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190607_ki_29-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190607_ki_30-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190607_ki_31-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190607_ki_32-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190607_ki_33-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190607_ki_34-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190607_ki_35-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190607_ki_36-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190607_ki_37-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190607_ki_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190607_ki_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190607_ki_03-150x150.jpg

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画