もうなくさない? 見失った財布のありかを知らせる「薄型カード式ガジェット」とは

2019年5月24日

ライフ
ULM編集部

財布に入れておくだけで、財布を落としても、落とした場所を確認できるガジェットがありました。交通ICカードくらいの薄さなので、かさばらないといいます。


財布を探し当てる仕組みとは?

「FINDORBIT」は薄さ1.28ミリで、交通ICカードくらい。財布に、カードのように入れておくことが可能です。使用するには、スマートフォン(以下スマホ)が必要。Bluetooth4.0以上、iPhone 4以降、Android 4.4以上に対応しています。

 使用するにはまず、スマホに専用アプリをインストールし、ペアリング(Bluetoothを接続するための設定)を行います。あとは「FINDORBIT」を財布に入れておくだけ。

「財布が見当たらない!」と思った時に専用アプリを操作すれば、「FINDORBIT」に仕込まれたアラームが鳴り響きます。つまり、アラーム音が鳴る場所を探り当てれば、財布のありかが判明する……という仕組みです。この機能は、財布を落とした時というよりも、ふと、財布を見失ってしまった場合などに有効でしょう。

 ……では、外出先で財布を落としてしまった場合は?

落とした場所を場所を地図で確認できる(画像:DISCOVER)

 その場合にも、どこで落としたのかを確認できるといいます。これは、落とした瞬間に、スマホと「FINDORBIT」との通信が途切れる仕組みを利用したもの。通信が途切れた場所、つまりは落とした場所を地図に表示させ、特定できるのです。

スマホ探索も可能なほか、意外な機能も


【画像】すごく簡単! 「FINDORBIT」の使い方とは

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/05/190521_find_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/05/190521_find_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/05/190521_find_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/05/190521_find_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/05/190521_find_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/05/190521_find_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/05/190521_find_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/05/190521_find_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/05/190521_find_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/05/190521_find_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/05/190521_find_14-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/05/190521_find_15-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/05/190521_find_16-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/05/190521_find_17-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/05/190521_find_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/05/190521_find_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/05/190521_find_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画