スーツケースの鍵を忘れたことを空港で気づいたらどうする? 指紋認証ロックが登場

2019年5月11日

お出かけ
ULM編集部

羽田や成田空港でスーツケースの鍵を忘れたことを空港に来てから気づき、家に取りに戻る時間もない場合、どう対処したら良いのでしょうか。近年、こういったトラブルを防ぐために指紋認証ロックを搭載したスーツケースも登場しています。


鍵の心配無用、指紋認証ロック機構搭載のスーツケースが登場

 こういった鍵のトラブルを防ぐため、近年、指紋認証によって解錠できるスーツケースが登場しています。かばん製造販売のエース(渋谷区神宮前)でも、2019年5月10日(金)より、ブランド初の指紋認証ロック機構を搭載したスーツケース「STARIA Vs TOUCH(スタリア ブイエス タッチ)」を発売開始しました。

エースの指紋認証ロック機構を搭載したスーツケース「STARIA Vs TOUCH」。3サイズあり、価格は6万6000円、6万9000円、7万7000円(画像:エース)

 同製品は、あらかじめ指紋を登録すればセンサー(タッチパッド)に指をかざすだけで解錠が行えます。指紋は最大5つまで登録可能です。初期化によって、指紋の登録を変更し直すこともできます。

 指紋認証のほかにキー式ロックも搭載しており、TSAロックに対応しているため、アメリカの空港で鍵をかけたまま荷物を預けることができます。また、鍵を持って来るのを忘れても、ファスナーのスライダー(つまみ部分)を鍵穴に差し込むと自動的にロックされるため、施錠のための合鍵を作ったり代用品を購入する必要もありません。

 色はグレーとブラックの2色。3サイズあり、一番小さいサイズのものは、100席以上の機内持込適応サイズとなっています。

 海外ではスマホを活用して解錠のできるスーツケースも登場しており、今後スーツケースにも「スマート化」の波が押し寄せ、鍵要らずになるものが増えるかもしれません。


鍵を紛失しても困らない、スーツケースの指紋認証ロック(3枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/05/190509_aceluggage_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/05/190509_aceluggage_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/05/190509_aceluggage_02-150x150.jpg

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画