外国人に伝わらない「カタカナ英語」、知らずに使うと恥をかく!

旅行先やビジネス現場など、外国人と英語で会話をする際、簡単な英単語なのに相手に通じず戸惑った経験はありませんか。その原因は「カタカナ英語」にあるようです。異文化コミュニケーションの専門家が解説します。


カタカナ語が英語学習の妨げとなる可能性も

 先述の通り、日本語と英語はアクセントのシステム自体が全く異なるので、単純な比較はできませんが、ここで大事なのは、最初の「ア」のピッチが、日英で比べると逆になっているということです。

日本語と英語は、単語の最初の音が異なる(画像:写真AC)

 日本語の「ア」は低く、話者によっては口ごもる傾向があるため、相手にとって、聞き取りにくいかもしれません。この「ア」はどちらかというと、次の「ン」で急に音が高くなるための、準備のような段階となっているともいえます。

 しかし、英語はそうではありません。いきなり「ア」がパッと前面に押し出され、そのあとはどんどんと失速していくようなイメージです。いきなりビックリさせないでよ、と感じる日本人もいるかもしれませんね。それほど強いアクセントが冒頭にきます。

 単語の最初の音がまるで異なるピッチとなっているため、日本語ネイティブと英語ネイティブどちらの立場でも、聞き取りが難しくなっているのです。

 このような、アクセントからくるカタカナ語の伝わりにくさについては、「アグレッシブ」のような、英語と比べ意味がまるで異なる和製英語の一群と比べ、あまり話題になることはないように感じます。

 しかし、発音からくるカタカナ語の分かりにくさについて、識者の中には、「日本人の英語力が高まらない」原因と捉えている人も少なくありません。

 アクセントの違いを含め、本来の発音とはかなり異なる発音を使ったカタカナ語を日本人は幼い頃より語彙として覚え、日々の運用を繰り返すため、それに対応する本来の英語の方の発音も悪くなる可能性があります。英語学習という観点から、これは悪影響だという捉え方です。

 ましてや日本語としても相手によっては通じないのだから、いっそ運用をやめるか、本来の英語の発音に近いものを運用したほうがいいのではないかと考える人もいます。

 また、日本語を学習する外国人にとっても、本来の英語と異なるカタカナ語の聞き取りは、国籍に関わらず非常に難しいポイントとなっているのも事実です。

相手に合わせたカタカナ語の運用を


「外国人従業員の受け入れ」について、日本企業はこう感じている!

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/05/190506_katakana_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/05/190506_katakana_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/05/190506_katakana_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/05/190506_katakana_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/05/190506_katakana_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/05/190506_katakana_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/05/190506_katakana_04-150x150.jpg

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画