外国人に伝わらない「カタカナ英語」、知らずに使うと恥をかく!

旅行先やビジネス現場など、外国人と英語で会話をする際、簡単な英単語なのに相手に通じず戸惑った経験はありませんか。その原因は「カタカナ英語」にあるようです。異文化コミュニケーションの専門家が解説します。


発音が異なるカタカナ語

 次は、意味は同じでも、発音の違いによってコミュニケーションに支障がでるケースです。

ポイントはアクセントにあり(画像:写真AC)

日本人「いやー、昨日のコンサート、特にアンコールの曲が最高だったよ」
外国人「え?もう一度?」

 アンコールという言葉は英語のEncoreから来ています。これを一般に、「外来語」といいます。特別な表現でもないし、その前に「コンサート」というヒントもあるので、相手にとっても意味を想像しやすい状況です。

 にもかかわらず、通じなかった理由は、発音に違いがあったからです。特に今回は、発音のうち、アクセントにポイントがあります。

日本語と英語はアクセントのシステムが違う

 ここでみなさんに質問があります。

 日本語のアクセントはどういう種類か、みなさんはご存知でしょうか。言語として、どういうシステムでアクセントが運用されているのか、おそらく多くの読者の方は、知らないでしょう。

 それは、みなさんが日本語ネイティブのため、無意識にアクセントを運用できるからで、学校でもそういう教育を受けてきていないからです。

 結論からいうと、日本語のアクセントは「ピッチアクセント」というシステムを採択しています。

 ピッチというのは、音の高低。高いピッチをハイピッチ、低いピッチをローピッチと呼びます。日本語は、このピッチの高低を利用したアクセントを採用している言語です。だから、単語と呼ばれる言葉の単位の中で、音が上がったり下がったりしているのです。

 一方、英語のアクセントはというと、これが全く異なるシステムを採択しているのです。英語は「ストレスアクセント」。音を強めたり、弱めたり、強弱2つのアクセントを使い分けています。日本語のピッチアクセントとは、コンセプトからして全く異なるシステムなのです。

 では、ここで改めて、カタカナ語「アンコール」のアクセントについて考えてみましょう。実際に声に出していただくと分かりやすいと思いますが、ひとつめの「ア」は音が低く、そこから「ン」にかけて急に音が高くなっているはずです。そして、「コー」まではその高いピッチを維持し、最後の「ル」に向かって、また急激にピッチが下がっていると思います。

 一方、英語の方はというと最初の「ア」にあたる音に強アクセントが置かれています。

カタカナ語が英語学習の妨げとなる可能性も


「外国人従業員の受け入れ」について、日本企業はこう感じている!

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/05/190506_katakana_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/05/190506_katakana_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/05/190506_katakana_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/05/190506_katakana_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/05/190506_katakana_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/05/190506_katakana_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/05/190506_katakana_04-150x150.jpg

New Article

新着記事