活気づく転職市場、「ひとまず3年我慢」は今でもアリなのか?

東京の人手不足問題が深刻です。そのような状況においても、「入社3年以内の早期離職は不利」なのでしょうか。近著に『定年後の仕事は40代で決めなさい 逃げ切れない世代のキャリア改造計画』(徳間書店)がある、原正紀さんが解説します。


これからは早期転職も不利とはいえない

 では、これからも早期離職は控えた方がいいのでしょうか。

加速するビジネスのグローバル化(画像:写真AC)

 私は状況が変わりつつあると考えます。自分が望むキャリアを実現させるためには、短期間で仕事を変えるのも可とされる社会になってきました。その理由はいくつかあります。

1.ビジネスのグローバル化が進み、欧米型の雇用スタイルが見られるようになってきた。
2.ビジネスのスピードが速くなり、より短期間でスキルアップができるようになってきた。
3.リストラや経営破綻などが頻繁にみられ、企業依存のキャリアに疑問を感じ始めてきた。
4.人口減少時代に入り人手不足が恒常化し、実力さえあれば受け入れるようになってきた。

 ほかにも理由はありますが、そのような傾向から早期離職による転職も、不利とはいえなくなりつつあります。個人がどのようなキャリアデザインを描くべきかについては、転職だけでなく兼業・副業・独立・起業など、自分の可能性を広く考えることが大切です。


今年の新入社員は仕事に、こんな「意識」を持っている!

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/05/190504_tenshoku_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/05/190504_tenshoku_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/05/190504_tenshoku_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/05/190504_tenshoku_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/05/190504_tenshoku_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/05/190504_tenshoku_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/05/190504_tenshoku_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/05/190504_tenshoku_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/05/190504_tenshoku_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/05/190504_tenshoku_02-150x150.jpg

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画