卓上にも花を咲かせる「サクラサクグラス」で一献、江戸硝子熟練職人の為せる技とは?

2019年3月29日

ライフ
ULM編集部

グラスの底面が桜の形をしている、桜の季節にぴったりなグラス「サクラサクグラス(SAKURASAKU glass)」。江戸硝子の熟練の技をもつ職人の手によって一つひとつ丁寧に作られています。

/wp-content/uploads/2019/03/190325_sakurasaku_02.jpg
バータイムズストアでサクラサクグラス購入者にプレゼントしているオリジナル手拭い(画像:100percent)
/wp-content/uploads/2019/03/190325_sakurasaku_03.jpg
ピルスナーのサクラサクグラス(画像:100percent)
/wp-content/uploads/2019/03/190325_sakurasaku_04.jpg
贈り物にも適する桐箱入り(画像:100percent)
/wp-content/uploads/2019/03/190325_sakurasaku_05.jpg
フロスト調に加工したタイプのグラス底面(画像:100percent)
/wp-content/uploads/2019/03/190325_sakurasaku_01.jpg
サクラサクグラスは底面が桜の形をしているため、結露によって卓上に桜の花びらの跡がつく(画像:100percent)

この画像の記事を読む

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画
×