憧れの高級マンション!1億円を超えるこれから竣工予定のマンション特集

コロナ禍の影響が続く中でも、都内の新築マンション市況は活発です。本記事では、近年の新築マンション市況についてお伝えするとともに、1億円を超えるこれから竣工予定のマンションを、不動産ライターの逆瀬川勇造さんがご紹介します。


新築マンション市況

まずは、新築マンションの市況を見ていきましょう。
ここでは、特に都区部の状況を見ていきたいと思います。

2021年度の新築マンション平均価格は8,449万円

新型コロナウイルスが世界中に広がる中、経済にも大きな影響を及ぼしていますが、新築マンションの価格は右肩上がりで上昇。
不動産経済研究所の「首都圏 新築分譲マンション市場動向 2021年度 」によると、都区部の2021年度における新築マンション平均価格は8,449万円となっています。

画像:photo AC



同データでは2016年度の平均価格が6,762万円となっていますが、およそ5年の間に約25%上昇した計算に。

そもそも、都心部のマンションが上昇している要因としては、アベノミクスによるインバウンド需要や、東京オリンピック開催に向けた再開発などにより、地価が上昇したことが挙げられるでしょう。

その他、建設関連人材が不足して人件費が高騰していることや、最近では物流や円安を要因として建設資材価格が上昇していることなども要因として考えられます。

2016年度に中古と新築の成約戸数がを逆転

日本においては、昔から新築信仰が強く、新築マンションの供給戸数が中古マンションの成約戸数より多い状況が続いていました。
しかし、2016年度には都心部において中古マンションの成約戸数が新築マンションの供給戸数を超える状況になっています。

これには、メルカリなどの浸透により、若い人を中心に中古への抵抗感が少なくなってきたといった理由もありますが、それ以外の大きな理由として、新築マンションの価格が高くなり過ぎて、一般の人では手を出しづらくなっているということが挙げられるでしょう。

今後もこの傾向は続くことが考えられ、今後は中古マンションが市場の主役になっていく可能性があります 。

東京都内でこれから竣工予定の億ション3選!

先述の通り、特に都心部においては中古マンションの市場が活発化してきていますが、まだまだ新築マンションに魅力を感じる方は多いでしょう。
ここでは、これから東京都内に竣工予定で、価格が1億円以上のマンションについてご紹介していきたいと思います。

クラッシィハウス大手町

クラッシィハウス大手町は「大手町駅」徒歩4分、「東京」駅徒歩14分という、まさに東京の中心部に竣工予定のマンションです。

クラッシィハウス大手町の基礎情報



周辺には開発予定のビル などもあり、高い注目を集めているようです。

プラウドタワー芝浦

プラウドタワー芝浦は「田町駅」より徒歩11分、また「高輪ゲートウェイ駅」も利用できる好立地のマンション。

アトラス恵比寿景丘の基礎情報

プラウドタワー芝浦の周辺は「アジアヘッドクォーター特区」の指定を受けたエリアで、最寄り駅の一つでもある「高輪ゲートウェイ駅」がある他、2024年完成予定の「グローバルゲートウェイ品川」など、今後長期的に開発が進められていく予定です。

画像:photo AC

アトラス恵比寿景丘

アトラス恵比寿景丘は「恵比寿駅」徒歩6分に立地するマンション。
恵比寿ガーデンプレイスまで徒歩2分という点も大きなポイントです。

プラウドタワー芝浦の基礎情報

恵比寿ガーデンプレイスは2022年4月15日に「フーディーズガーデン 」がリニューアルオープン。スーパーマーケット「ライフ」が旗艦店となる「セントラルスクエア」を出店するなど、おしゃれな恵比寿ガーデンプレイスでありながら、高い生活利便性が実現されそうです。

画像:photo AC

まとめ

都心を中心に、新築マンション市況についてお伝えするとともに、これから竣工予定の1億円以上のマンションについてご紹介しました。
新築マンション価格は高騰しており、手を出しづらくなっていますが、憧れを持たれている方もいらっしゃるでしょう。
東京都内には魅力的なエリアが多くありますので、いろいろとリサーチしてみてはいかがでしょうか。


おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画