「横浜赤レンガ倉庫」が5月から休業!毎年の恒例イベント、今年はどうなる?

横浜赤レンガ倉庫が2022年5月から休業に入ります。これからの横浜と赤レンガ倉庫について、都市商業研究所の若杉優貴さんが解説します。

/wp-content/uploads/2022/05/1-2-1024x771.jpg
みなとみらい21地区のシンボル・横浜赤レンガ倉庫(1号館)。(撮影:齊藤優) 5月9日より改修工事のため大部分が立入禁止となっています。
/wp-content/uploads/2022/05/2-2-1024x771.jpg
こちらは1号館よりも大きな2号館。(撮影:齊藤優) 奥に大型客船が見えるのも横浜らしい風景。
/wp-content/uploads/2022/05/3-2-1024x771.jpg
赤レンガ倉庫イベント広場。(撮影:齊藤優) 2号館よりも1号館(右)が短いのは震災で損傷した部分を解体したため。 休館日前の5月8日までは「ヨコハマフリューリングフェスト」が開催されていました。
/wp-content/uploads/2022/05/4-771x1024.jpg
館内ではセールを行っていた店も。店舗は12月ごろまで休業となる予定。 (撮影:齊藤優)

この画像の記事を読む

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画