新宿からわずか13kmの桃源郷 森と水田に囲まれた調布市「深大寺エリア」の知られざる魅力とは

新宿駅からわずか13kmの場所に残る「武蔵野の原風景」。それが調布市の深大寺エリアです。その詳しい魅力について、ライターの野村宏平さんが解説します。

/wp-content/uploads/2021/12/211224_jindaiji_05.jpg
そば店が並ぶ深大寺門前(画像:野村宏平)
/wp-content/uploads/2021/12/211224_jindaiji_06.jpg
春の神代植物公園(画像:野村宏平)
/wp-content/uploads/2021/12/211224_jindaiji_07.jpg
調布市の天然記念物でもある青渭神社の大ケヤキ。ウロがハート型をしていることから、縁結びのパワースポットともいわれる(画像:野村宏平)
/wp-content/uploads/2021/12/211224_jindaiji_08.jpg
都立農業高校神代農場の正門(画像:野村宏平)
/wp-content/uploads/2021/12/211224_jindaiji_9.jpg
深大寺自然広場の自由広場。奥に見えるコンクリート橋は中央自動車道(画像:野村宏平)
/wp-content/uploads/2021/12/211224_jindaiji_10.jpg
深大寺自然広場の野草園(画像:野村宏平)
/wp-content/uploads/2021/12/211224_jindaiji_11.jpg
深大寺自然広場カニ山内の散歩道。右側の坂を登っていくとキャンプ場がある(画像:野村宏平)
/wp-content/uploads/2021/12/211224_jindaiji_12.jpg
佐須町の農業地帯。かなたに見える高層ビルは京王線国領駅前のタワーマンション(画像:野村宏平)
/wp-content/uploads/2021/12/211224_jindaiji_13.jpg
1977年の祇園寺前。当時は門柱や壁はなく、門前には一面の水田が広がっていた(画像:野村宏平)
/wp-content/uploads/2021/12/211224_jindaiji_14.jpg
コロナ禍前は毎年恒例だった野川の夜桜ライトアップ(画像:野村宏平)
/wp-content/uploads/2021/12/211224_jindaiji_15.jpg
現在の深大寺周辺の航空写真(画像:国土地理院)
/wp-content/uploads/2021/12/211224_jindaiji_16.jpg
1963年頃の深大寺周辺の航空写真(画像:国土地理院)
/wp-content/uploads/2021/12/211224_jindaiji_17.jpg
明治初期の深大寺周辺の地図(画像:国土地理院)
/wp-content/uploads/2021/12/211224_jindaiji_01.jpg
深大寺南町にある水田の夏の風景。中央奥は野草園。右奥の森はカニ山(画像:野村宏平)
/wp-content/uploads/2021/12/211224_jindaiji_02.jpg
1929(昭和4)年に発行された地図(左)。神代村の記載がある(画像:国土地理院、時系列地形図閲覧ソフト「今昔マップ3」〔(C)谷 謙二〕)
/wp-content/uploads/2021/12/211224_jindaiji_03.jpg
雑木林のみち。この先の急坂を下ると、深大寺自然広場がある(画像:野村宏平)
/wp-content/uploads/2021/12/211224_jindaiji_04.jpg
祇園寺。右奥にそびえる大木が「自由の松」(画像:野村宏平)

この画像の記事を読む

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画