明治から令和まで 激動の150年を駆け抜けた「東京庁舎」の歴史

2021年、東京都庁舎は開庁30周年を迎えました。旧庁舎を含め、その歴史についてフリーランスライターの小川裕夫さんが解説します。

/wp-content/uploads/2021/12/211214_tochosha_05.jpg
現在の東京都庁舎周辺の地図(画像:国土地理院)
/wp-content/uploads/2021/12/211214_tochosha_06.jpg
明治初期の東京都庁舎周辺の地図。茶畑や畑が広がっている(画像:国土地理院)
/wp-content/uploads/2021/12/211214_tochosha_07.jpg
1920年頃の東京都庁舎周辺の地図。淀橋浄水場が完成している(画像:国土地理院)
/wp-content/uploads/2021/12/211214_tochosha_08.jpg
都議会議事堂と都庁舎、その間にあるのはイベントなどが開催される都民広場(画像:小川裕夫)
/wp-content/uploads/2021/12/211214_tochosha_01.jpg
新宿区西新宿にある東京都庁舎(画像:小川裕夫)
/wp-content/uploads/2021/12/211214_tochosha_02.jpg
1932(昭和7)年に発行された地図。赤枠内が「月島4号地」(画像:国土地理院)
/wp-content/uploads/2021/12/211214_tochosha_03.jpg
1963年頃の新宿区西新宿の様子。淀橋浄水場が見える(画像:国土地理院)
/wp-content/uploads/2021/12/211214_tochosha_04.jpg
新宿区西新宿にある東京都庁舎(画像:小川裕夫)

この画像の記事を読む

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画