「凶悪事件」を題材にしたゲームが東京で流行し始めているワケ

殺人事件を題材にしたアナログゲーム「マーダーミステリー(Murder mystery game)」が、東京でも徐々に注目を集め始めています。新宿や渋谷、池袋、立川など、主要エリアには専門のボードゲームカフェがオープンするほど。ゲームの魅力について文殊リサーチワークス・リサーチャー&プランナーの中村圭さんが解説します。

/wp-content/uploads/2021/11/211126_mystery_05.jpg
集英社マーダーミステリーエクスプレスがリリースした「ゲッコウ島サバイバル」と「君のいないリライト」(画像:中村圭)
/wp-content/uploads/2021/11/211126_mystery_06.jpg
グループSNEの「Murder Mystery Mini Series」(画像:中村圭)
/wp-content/uploads/2021/11/211126_mystery_07.jpg
POLARISの「RED LINE」(画像:中村圭)
/wp-content/uploads/2021/11/211126_mystery_01-1.jpg
殺人事件を題材にしたアナログゲーム「マーダーミステリー」とは何か?(画像:写真AC)
/wp-content/uploads/2021/11/211126_mystery_02.jpg
東京ビッグサイトで開かれ得た、アナログゲームの祭典「ゲームマーケット東京2021秋」の様子(画像:中村圭)
/wp-content/uploads/2021/11/211126_mystery_03.jpg
「ゲームマーケット東京2021秋」の集英社のブース(画像:中村圭)
/wp-content/uploads/2021/11/211126_mystery_04.jpg
グループSNEの「マーダーミステリー・オブ・ザ・デッド」など(画像:中村圭)

この画像の記事を読む

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画