バブル期は「発掘調査」バイトが多かった! 常に人手不足だった2つの遺跡とは

多くの遺跡の発掘調査が行われていたバブル期。その当時の様子をライターの越野すみれさんが解説します。皆さんは「汐留遺跡」「大橋遺跡」をご存じでしょうか。

/wp-content/uploads/2021/10/211021_bubble_09.jpg
汐留地区の再開発発掘調査で明治時代の新橋駅にあった車両の方向転換に使われた松の杭を打った転車台跡が見つかった。1995年11月撮影(画像:時事)
/wp-content/uploads/2021/10/211021_bubble_10.jpg
明治初期の汐留周辺の様子(画像:国土地理院)
/wp-content/uploads/2021/10/211021_bubble_11.jpg
1947年頃の汐留周辺の様子(画像:国土地理院)
/wp-content/uploads/2021/10/211021_bubble_12.jpg
1963年頃の汐留周辺の様子(画像:国土地理院)
/wp-content/uploads/2021/10/211021_bubble_01.jpg
大橋遺跡第2次調査地点の住居跡(画像:目黒区)
/wp-content/uploads/2021/10/211021_bubble_02.jpg
高輪築堤(画像:港区)
/wp-content/uploads/2021/10/211021_bubble_03.jpg
発掘現場のイメージ(画像:写真AC)
/wp-content/uploads/2021/10/211021_bubble_04.jpg
発掘現場のイメージ(画像:写真AC)
/wp-content/uploads/2021/10/211021_bubble_05.jpg
1980年頃の国鉄「汐留駅」(画像:国土地理院)
/wp-content/uploads/2021/10/211021_bubble_06.jpg
汐留シオサイト(画像:国土地理院)
/wp-content/uploads/2021/10/211021_bubble_07.jpg
1963年頃の現「大橋ジャンクション」の様子(画像:国土地理院)
/wp-content/uploads/2021/10/211021_bubble_08.jpg
大橋遺跡の位置図(画像:目黒区)

この画像の記事を読む

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画
×