東京で「Uber Eats」まだ稼げる? コロナ禍の配達員急増から一転、どんな変化があったのか

新型コロナ禍で一気に拡大したフードデリバリーサービス。感染拡大がようやくひと息ついた今、配達員はどのように感じているのでしょうか? 今も収益を上げることは可能なのでしょうか? 自身も配達員経験のあるライターが東京での実態を探ります。

/wp-content/uploads/2021/10/211018_uber_05.jpg
筆者が使っていた、Uber Eats配達員のバッグ「ウバッグ」(画像:Boshiko)
/wp-content/uploads/2021/10/211018_uber_01.jpg
新型コロナ禍で一気に利用者が増えたフードデリバリー。配達員としては稼ぎはどのくらい?(画像:写真AC)
/wp-content/uploads/2021/10/211018_uber_02.jpg
フードデリバリーのアプリのイメージ(画像:写真AC)
/wp-content/uploads/2021/10/211018_uber_03.jpg
デリバリーの注文が入ったメニューのイメージ(画像:写真AC)
/wp-content/uploads/2021/10/211018_uber_04.jpg
フードデリバリー配達員のイメージ(画像:写真AC)

この画像の記事を読む

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画