震度5強の夜、都心から“自転車”が一斉に消えたワケ SNSで「帰宅困難者 対策だ」と話題に

2021年10月9日

ライフ
ULM編集部

2011年3月11日の東日本大震災以来、10年ぶりに東京23区で震度5強を観測した2021年10月7日夜の地震。その夜、東京都心からは一斉に「自転車」が姿を消していました。いったいなぜなのでしょうか。

/wp-content/uploads/2021/10/211008_byke_04.jpg
東京都内で利用が広がる「シェアサイクル」。ドコモ・バイクシェアやHELLO CYCLINGなどのサービスがある(画像:写真AC)
/wp-content/uploads/2021/10/211008_byke_05.jpg
東京都内で利用が広がる「シェアサイクル」。ドコモ・バイクシェアやHELLO CYCLINGなどのサービスがある(画像:写真AC)
/wp-content/uploads/2021/10/211008_byke_06.jpg
2021年10月7日夜の地震により、都心からの帰宅困難者が数多く利用したドコモ・バイクシェアのアプリ画面(画像:sattobiさんのツイート)
/wp-content/uploads/2021/10/211008_byke_01.jpg
東京都心のマップを表示したアプリの画面。「0」や「1」などの数字がズラリ(画像:sattobiさんのツイート、ULM編集部でトリミング加工)
/wp-content/uploads/2021/10/211008_byke_02.jpg
ドコモ・バイクシェアのシェアサイクル(画像:写真AC)
/wp-content/uploads/2021/10/211008_byke_03.jpg
東京都心のマップを表示したアプリの画面。中央区晴海や勝どきに自転車が偏在していることが分かる(画像:sattobiさんのツイート、ULM編集部でトリミング加工)

この画像の記事を読む

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画
×