全てが「中止」となったコロナ禍、イベント業界は何を考えていたのか? ベテランプロデューサーが振り返る「1年9か月」

あらゆるイベントが軒並み「中止」となった2020年からの新型コロナ禍。イベント業界は、いったい何を感じ、何を考えていたのでしょうか。ベテランプロデューサーのテリー植田さんが、自身の体験を元にこの1年9か月を振り返ります。

/wp-content/uploads/2021/10/210911_event_04.jpg
『月刊レジャー産業資料』2021年10月号の特集「主要レジャー施設 集客データ2021――数字で見るパンデミックの災禍」より(画像:綜合ユニコム)
/wp-content/uploads/2021/10/210911_event_05.jpg
『月刊レジャー産業資料』2021年10月号の特集「主要レジャー施設 集客データ2021――数字で見るパンデミックの災禍」より(画像:綜合ユニコム)
/wp-content/uploads/2021/10/210911_event_06.jpg
『月刊レジャー産業資料』2021年10月号の特集「主要レジャー施設 集客データ2021――数字で見るパンデミックの災禍」より(画像:綜合ユニコム)
/wp-content/uploads/2021/10/210911_event_01.jpg
コロナ禍でイベントが軒並み中止となったイメージ(画像:写真AC)
/wp-content/uploads/2021/10/210911_event_02.jpg
コロナ禍で人気が再燃したポッドキャストのイメージ(画像:写真AC)
/wp-content/uploads/2021/10/210911_event_03.jpg
そうめんのイメージ(画像:写真AC)

この画像の記事を読む

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画
×