コロナ後も郊外に住みたい! 自然派志向な会社員に薦める「忖度なし」の最強ベッドタウンと選択条件

新型コロナ禍ではテレワークを導入する企業が増え、それに伴い郊外へ引っ越した会社員も少なからずいるようです。コロナが収束して以降も引き続き郊外を志向する東京在住の会社員にとって、最も適した在住場所はどこでしょうか? フリーライターの出島造さんが独自の取材でリポートします。

/wp-content/uploads/2021/09/210929_fuchu_06.jpg
新宿駅から特急で20分強。「府中市」は長い歴史と豊かな自然環境、利便性をも兼ね備えた、東京勤務の会社員が選ぶべきベッドタウンと言える(画像:出島造)
/wp-content/uploads/2021/09/210929_fuchu_07.jpg
新宿駅から特急で20分強。「府中市」は長い歴史と豊かな自然環境、利便性をも兼ね備えた、東京勤務の会社員が選ぶべきベッドタウンと言える(画像:出島造)
/wp-content/uploads/2021/09/210929_fuchu_08.jpg
新宿駅から特急で20分強。「府中市」は長い歴史と豊かな自然環境、利便性をも兼ね備えた、東京勤務の会社員が選ぶべきベッドタウンと言える(画像:出島造)
/wp-content/uploads/2021/09/210929_fuchu_09.jpg
新宿駅から特急で20分強。「府中市」は長い歴史と豊かな自然環境、利便性をも兼ね備えた、東京勤務の会社員が選ぶべきベッドタウンと言える(画像:出島造)
/wp-content/uploads/2021/09/210929_fuchu_10.jpg
新宿駅から特急で20分強。「府中市」は長い歴史と豊かな自然環境、利便性をも兼ね備えた、東京勤務の会社員が選ぶべきベッドタウンと言える(画像:出島造)
/wp-content/uploads/2021/09/210929_fuchu_11.jpg
新宿駅から特急で20分強。「府中市」は長い歴史と豊かな自然環境、利便性をも兼ね備えた、東京勤務の会社員が選ぶべきベッドタウンと言える(画像:出島造)
/wp-content/uploads/2021/09/210929_fuchu_12.jpg
新宿駅から特急で20分強。「府中市」は長い歴史と豊かな自然環境、利便性をも兼ね備えた、東京勤務の会社員が選ぶべきベッドタウンと言える(画像:出島造)
/wp-content/uploads/2021/09/210929_fuchu_13.jpg
新宿駅から特急で20分強。「府中市」は長い歴史と豊かな自然環境、利便性をも兼ね備えた、東京勤務の会社員が選ぶべきベッドタウンと言える(画像:出島造)
/wp-content/uploads/2021/09/210929_fuchu_01.jpg
コロナ禍で「都市より郊外」と考える人は増えている。街選びの条件とは?(画像:写真AC)
/wp-content/uploads/2021/09/210929_fuchu_02.jpg
「新型コロナウイルス影響下における住まいの意識調査レポート」より抜粋(画像:ミサワホーム総合研究所)
/wp-content/uploads/2021/09/210929_fuchu_03.jpg
利便性と周辺の自然環境、両方を兼ね備えている府中市の魅力とは(画像:写真AC)
/wp-content/uploads/2021/09/210929_fuchu_04.jpg
京王線・府中駅前に伸びるケヤキ並木の参道(画像:(C)Google)
/wp-content/uploads/2021/09/210929_fuchu_05.jpg
府中駅前から参道が続く大國魂神社(画像:写真AC)

この画像の記事を読む

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画
×