いったい何者? 東京にやたらと「太田道灌」の伝説が残っているワケ

東京について調べ物をしていると、あちこちで見かけるのが「太田道灌」の名前。いったいなぜでしょうか。ライターの春日ルナさんが解説します。

/wp-content/uploads/2021/09/210928_ohta_07.jpg
新板武州江戸之図。1666(寛文6)年。江戸東京博物館所蔵(画像:東京都歴史文化財団)
/wp-content/uploads/2021/09/210928_ohta_08.jpg
太田道灌「山吹の里」の場面(江戸名所図会 後編 十二)。斎藤幸雄、斎藤幸孝、斎藤月岑編。長谷川雪旦画 1836(天保7)年。江戸東京博物館所蔵(画像:東京都歴史文化財団)
/wp-content/uploads/2021/09/210928_ohta_09.jpg
旧諸侯江戸入行列之図。安達吟光画。1889年(明治22)年。江戸東京博物館所蔵(画像:東京都歴史文化財団)
/wp-content/uploads/2021/09/210928_ohta_01.jpg
太田道灌(画像:千代田区観光協会)
/wp-content/uploads/2021/09/210928_ohta_02.jpg
荒川区西日暮里にある山吹の花一枝像(画像:荒川区)
/wp-content/uploads/2021/09/210928_ohta_03.jpg
新宿中央公園にある太田道灌の像(画像:写真AC)
/wp-content/uploads/2021/09/210928_ohta_04.jpg
江戸城・皇居(画像:写真AC)
/wp-content/uploads/2021/09/210928_ohta_05.jpg
木造太田道灌坐像附厨子(画像:北区飛鳥山博物館)
/wp-content/uploads/2021/09/210928_ohta_06.jpg
千代田区外神田にある現在の神田明神(画像:写真AC)

この画像の記事を読む

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画
×