「食べていけない」 東京の難関大学で“博士号”を取った女性が、いまも派遣社員を続ける現状

  • ライフ
「食べていけない」 東京の難関大学で“博士号”を取った女性が、いまも派遣社員を続ける現状

\ この記事を書いた人 /

越野すみれ(ライター)のプロフィール画像

越野すみれ(ライター)

博士号を取ったものの、大学の教員にはなれず企業への就職も難しい「ポスドク問題」。渦中にいる当事者は、どのようなことを経験し、何を感じているのでしょうか。現在、派遣社員として生計を立てる女性の話から、ポスドクの現状を考えます。

  • /wp-content/uploads/2021/09/sub1.jpg
    「リクナビ2022」にて募集した調査モニター(大学生7255人、大学院生1475人)を対象に2021年9月1~6日に行った「9月1日時点の内定状況」調査のまとめ(画像:リクルート、就職みらい研究所)
  • /wp-content/uploads/2021/09/210913_doctor_01.jpg
    博士課程に進んでも就職が容易ではない「ポスドク問題」のイメージ(画像:写真AC)
  • /wp-content/uploads/2021/09/210913_doctor_02.jpg
    研究に明け暮れた大学院時代のイメージ(画像:写真AC)
  • /wp-content/uploads/2021/09/210913_doctor_03.jpg
    就職・転職の際に記入する履歴書のイメージ(画像:写真AC)
この画像の記事を読む

関連記事