客の奪い合いにならないの? 新大久保周辺にエスニック食材店が20軒も密集している理由

新大久保に8月、エスニック食材店が新たにオープンしました。それにしてもなぜ、このエリアはエスニック食材店の超激戦区になっているのでしょうか。アジア専門ライターの室橋裕和さんが解説します。

/wp-content/uploads/2021/09/210912_ethnic_05.jpg
新大久保駅から大久保通りを渡って北に徒歩1分、イスラム横丁の一角にある(画像:室橋裕和)
/wp-content/uploads/2021/09/210912_ethnic_06.jpg
新宿区百人町にあるエスニック食材店「ナショナルマート」(画像:(C)Google)
/wp-content/uploads/2021/09/210912_ethnic_07.jpg
新宿区百人町にあるエスニック食材店「ナショナルマート」(画像:(C)Google)
/wp-content/uploads/2021/09/210912_ethnic_01.jpg
取締役社長の味庵・ラムザン・シディークさん。ラホール出身で1995年に来日(画像:室橋裕和)
/wp-content/uploads/2021/09/210912_ethnic_02.jpg
色とりどりのスイーツは目でも楽しめる。わからないものは店員に聞いてみよう。もちろん日本語OK(画像:室橋裕和)
/wp-content/uploads/2021/09/210912_ethnic_03.jpg
日本人には小分けした使いやすいサイズのスパイスが人気だとか(画像:室橋裕和)
/wp-content/uploads/2021/09/210912_ethnic_04.jpg
豆スープをかけたごはん「ダルチャワル」(700円)もいける。優しい味わい(画像:室橋裕和)

この画像の記事を読む

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画