バブル時代のパワー全開! 映画『彼女が水着にきがえたら』の明るさをコロナ禍の今こそ学ぶべきだ

コロナ禍で鬱屈した現在の東京。そんなときこそ、人々が明るかった時代の作品を見ませんか? 今回紹介するのは『彼女が水着にきがえたら』。20世紀研究家の星野正子さんが解説します。

/wp-content/uploads/2021/08/210825_kanojo_05.jpg
『彼女が水着にきがえたら』の文庫本(画像:ULM編集部)
/wp-content/uploads/2021/08/210825_kanojo_06.jpg
『彼女が水着にきがえたら』の文庫本(画像:ULM編集部)
/wp-content/uploads/2021/08/210825_kanojo_07.jpg
『彼女が水着にきがえたら』の文庫本(画像:ULM編集部)
/wp-content/uploads/2021/08/210825_kanojo_08.jpg
『彼女が水着にきがえたら』の文庫本(画像:ULM編集部)
/wp-content/uploads/2021/08/210825_kanojo_01.jpg
『彼女が水着にきがえたら』(画像:ホイチョイ・プロダクション、フジテレビ、ポニーキャニオン、小学館)
/wp-content/uploads/2021/08/210825_kanojo_02.jpg
武蔵野市吉祥寺北町にある成蹊学園(画像:(C)Google)
/wp-content/uploads/2021/08/210825_kanojo_03.jpg
スキューバダイビングのイメージ(画像:写真AC)
/wp-content/uploads/2021/08/210825_kanojo_04.jpg
東京(画像:写真AC)

この画像の記事を読む

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画