世界的ブームを巻き起こした「数独」 あまりの人気にスペインでは「出生率低下」を不安視されていた!

数字パズル「数独」の名付け親・鍜治真起さんが8月10日、亡くなりました。ということで、今回は数独が世界的な人気を誇るまでの道のりをご紹介。フリーライターの金平奈津子さんが解説します。

/wp-content/uploads/2021/08/210818_sudoku_06.jpg
2005年05月、英紙ガーディアンに掲載された数独パズル欄(画像:時事)
/wp-content/uploads/2021/08/210818_sudoku_01.jpg
数独(画像:写真AC)
/wp-content/uploads/2021/08/210818_sudoku_02.jpg
中央区日本橋浜町にある「ニコリ」(画像:(C)Google)
/wp-content/uploads/2021/08/210818_sudoku_03.jpg
「ニコリ」のウェブサイト(画像:ニコリ)
/wp-content/uploads/2021/08/210818_sudoku_04.jpg
イギリスのロンドン市街(画像:写真AC)
/wp-content/uploads/2021/08/210818_sudoku_05.jpg
パズル通信ニコリ別冊 数独通信Vol.41(画像:二コリ)

この画像の記事を読む

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画