2020年に復元された「旧国立駅舎」 しかし肝心の設計者が誰だかわからなかった!

2020年4月に復元された旧国立駅舎。そんな駅舎ですが、実は肝心の設計者がわかっていません。いったいなぜでしょうか。フリーライターの小西マリアさんが解説します。

/wp-content/uploads/2021/08/210817_kuni_05.jpg
旧国立駅舎が作られる前の国立駅(画像:(C)Google)
/wp-content/uploads/2021/08/210817_kuni_06.jpg
旧国立駅舎が作られる前の国立駅(画像:(C)Google)
/wp-content/uploads/2021/08/210817_kuni_07.jpg
旧国立駅舎が作られる前の国立駅(画像:(C)Google)
/wp-content/uploads/2021/08/210817_kuni_01.jpg
2020年4月に復元された旧国立駅舎(画像:(C)Google)
/wp-content/uploads/2021/08/210817_kuni_02.jpg
現在の国立駅周辺の様子(画像:(C)Google)
/wp-content/uploads/2021/08/210817_kuni_03.jpg
『「くにたち大学町」の誕生 ―後藤新平・佐野善作・堤康次郎との関わりから―』(画像:けやき出版)
/wp-content/uploads/2021/08/210817_kuni_04.jpg
現在の国立駅周辺の様子(画像:(C)Google)

この画像の記事を読む

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画