最近のゲームセンターに「クレーンゲーム」ばかり置かれている理由

昭和のゲームセンターにはビデオゲームやメダルゲームなどが多かったものの、最近はクレーンゲームばかり。いったいなぜでしょうか。文殊リサーチワークス・リサーチャー&プランナーの中村圭さんが解説します。

/wp-content/uploads/2021/07/210715_crane_06.jpg
オペレーション(アミューズメント施設)売上高の機種別シェア(画像:日本アミューズメント産業協会のデータを基に中村圭が作成)
/wp-content/uploads/2021/07/210715_crane_07.jpg
プライズゲームの売上高推移(画像:日本アミューズメント産業協会のデータを基に中村圭が作成)
/wp-content/uploads/2021/07/210715_crane_01.jpg
クレーンゲームのイメージ(画像:写真AC)
/wp-content/uploads/2021/07/210715_crane_02.jpg
江東区有明にある有明ガーデン内の「セガ 有明ガーデン」(画像:GENDA SEGA Entertainment)
/wp-content/uploads/2021/07/210715_crane_03.jpg
クレーンゲームをプレイする女性(画像:写真AC)
/wp-content/uploads/2021/07/210715_crane_04.jpg
クレーンゲームのアーム(画像:写真AC)
/wp-content/uploads/2021/07/210715_crane_05.jpg
オンラインクレーンゲーム「トレバ」のウェブサイト(画像:サイバーステップ)

この画像の記事を読む

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画
×