土地の風情はいずこへ? 東京の「昔ながらの町名」がことごとく消えてしまった理由

東京にはかつて歴史のある地名が多く存在していました。しかし今やほとんど残っていません。一体なぜでしょうか。フリーライターの猫柳蓮さんが解説します。

/wp-content/uploads/2021/07/210707_choumei_05.jpg
明治初期の原宿駅周辺の様子(画像:国土地理院)
/wp-content/uploads/2021/07/210707_choumei_06.jpg
1930年頃の原宿駅周辺の様子(画像:国土地理院)
/wp-content/uploads/2021/07/210707_choumei_07.jpg
1950年頃の原宿駅周辺の様子(画像:国土地理院)
/wp-content/uploads/2021/07/210707_choumei_08.jpg
1970年頃の原宿駅周辺の様子(画像:国土地理院)
/wp-content/uploads/2021/07/210707_choumei_09.jpg
現在の原宿駅周辺の様子(画像:国土地理院)
/wp-content/uploads/2021/07/210707_choumei_01.jpg
東京都内の土地のイメージ(画像:写真AC)
/wp-content/uploads/2021/07/210707_choumei_02.jpg
大塚駅周辺の様子。線路上に北大塚、下に南大塚を冠した店舗がある(画像:(C)Google)
/wp-content/uploads/2021/07/210707_choumei_03.jpg
1947(昭和22)年発行の地図(左)と現在の地図。菊坂町の記載がある(画像:国土地理院、時系列地形図閲覧ソフト「今昔マップ3」〔(C)谷 謙二〕)
/wp-content/uploads/2021/07/210707_choumei_04.jpg
1947(昭和22)年発行の地図(左)と現在の地図。花園町の記載がある(画像:国土地理院、時系列地形図閲覧ソフト「今昔マップ3」〔(C)谷 謙二〕)

この画像の記事を読む

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画
×