SL保存が大ピンチ! 『鬼滅の刃』登場で再注目も、背後にあった構造的危機とは

『鬼滅の刃』ブームで改めて注目が集まったSL。そんなSLは現在、危機的状況を迎えています。いったいなぜでしょうか。フリーランスライターの小川裕夫さんが解説します。

/wp-content/uploads/2021/06/210629_SL_04.jpg
豊島区南大塚にある大塚台公園(画像:(C)Google)
/wp-content/uploads/2021/06/210629_SL_05.jpg
世田谷区池尻にある世田谷公園(画像:(C)Google)
/wp-content/uploads/2021/06/210629_SL_06.jpg
北区王子にある飛鳥山公園(画像:(C)Google)
/wp-content/uploads/2021/06/210629_SL_07.jpg
青梅市勝沼にある青梅鉄道公園(画像:(C)Google)
/wp-content/uploads/2021/06/210629_SL_08.jpg
台東区上野公園にある国立科学博物館(画像:(C)Google)
/wp-content/uploads/2021/06/210629_SL_09.jpg
墨田区東向島にある東武博物館(画像:(C)Google)
/wp-content/uploads/2021/06/210629_SL_01.jpg
北区王子にある飛鳥山公園で屋外保存されているSL。同公園ではほかにも都電の車両が保存展示されている(画像:小川裕夫)
/wp-content/uploads/2021/06/210629_SL_02.jpg
豊島区南大塚にある大塚台公園に保存展示されているSL。公園からは都電荒川線が走る姿を見ることもできる(画像:小川裕夫)
/wp-content/uploads/2021/06/210629_SL_03.jpg
世田谷公園に保存展示されているSLは、ふるさと納税を活用して塗色費用を募っている (画像:小川裕夫)

この画像の記事を読む

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画
×