上野のお花屋さんが1日にたった1つだけ、わずか「1円」のブーケを売り続けるワケ

2021年6月29日

お出かけ
ULM編集部

下町の風情がただよう台東区東上野。東京メトロ稲荷町駅の目の前に、1日ひとつ、たった1円のブーケを販売している生花店があります。そこにはどのような思いが込められているのでしょうか。

/wp-content/uploads/2021/06/210629_bouquet_05.jpg
店頭で売られているミニブーケ。この中のどれかひとつが「1円ブーケ」(画像:Citronleaf、花時計)
/wp-content/uploads/2021/06/210629_bouquet_06.jpg
店頭で売られているミニブーケ。この中のどれかひとつが「1円ブーケ」(画像:Citronleaf、花時計)
/wp-content/uploads/2021/06/210629_bouquet_07.jpg
店頭で売られているミニブーケ。この中のどれかひとつが「1円ブーケ」(画像:Citronleaf、花時計)
/wp-content/uploads/2021/06/210629_bouquet_08.jpg
店頭で売られているミニブーケ。この中のどれかひとつが「1円ブーケ」(画像:Citronleaf、花時計)
/wp-content/uploads/2021/06/210629_bouquet_01.jpg
台東区東上野にあるフラワーショップ「花時計」。1日ひとつ、たった1円のブーケを販売している理由とは?(画像:Citronleaf、花時計)
/wp-content/uploads/2021/06/210629_bouquet_02.jpg
店頭で売られているミニブーケ。この中のどれかひとつが「1円ブーケ」(画像:Citronleaf、花時計)
/wp-content/uploads/2021/06/210629_bouquet_03.jpg
「花きの現状について」2021年5月(画像:農林水産省)
/wp-content/uploads/2021/06/210629_bouquet_04.jpg
「1円ブーケ」企画を開始した日のツイート(画像:Citronleaf、花時計)

この画像の記事を読む

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画
×