自撮りのルーツ? 90年代のデジカメが作った「気軽な撮影文化」とは

カメラ付きの携帯電話の登場で大きく加速した撮影文化。そんな文化の先鞭をつけたのは1990年代のデジタルカメラでした。フリーライターの本間めい子さんが解説します。

/wp-content/uploads/2021/06/210610_digital_06.jpg
世界初の液晶画面付きデジタルカメラ「カシオQV-10」。1994年11月撮影(画像:時事)
/wp-content/uploads/2021/06/210610_digital_01.jpg
デジタルカメラ(画像:写真AC)
/wp-content/uploads/2021/06/210610_digital_02.jpg
1990年頃の秋葉原(画像:国土地理院)
/wp-content/uploads/2021/06/210610_digital_03.jpg
マイクロソフト社の基本ソフト「Windows95」日本語版発売で混雑する秋葉原の「ラオックスコンピューター館」。1995年11月23日撮影(画像:時事)
/wp-content/uploads/2021/06/210610_digital_04.jpg
プリクラの聖地と呼ばれた渋谷(画像:写真AC)
/wp-content/uploads/2021/06/210610_digital_05.jpg
自撮りをする親子(画像:写真AC)

この画像の記事を読む

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画