コロナ禍でも予約1000人超え 女性に人気「アフタヌーンティー店」が今なお都内で盛況なワケ

女性を中心に人気の「アフタヌーンティー」。数年前から注目を集め、コロナ禍でも人気は衰えません。オープン初日に1000人以上の予約が入ったという話題のお店も。その理由を、フードライターの笹木理恵さんがリポートします。

/wp-content/uploads/2021/06/210609_afternoon_06.jpg
「アトリエプラン」の店舗は、恵比寿の路地裏にある瀟洒(しょうしゃ)な一軒家の1階(画像:アトリエプラン)
/wp-content/uploads/2021/06/210609_afternoon_07.jpg
「ステラート」の店内。アフタヌーンティーでは、ムーディーな夜の雰囲気とは違った魅力を楽しめる(画像:グローバルダイニング)
/wp-content/uploads/2021/06/210609_afternoon_08.jpg
「カフェレガート」のアフタヌーンティー(3,828円)。5~6月は「バラ」がテーマ(画像:グローバルダイニング)
/wp-content/uploads/2021/06/210609_afternoon_09.jpg
「カフェレガート」のアフタヌーンティー(3,828円)。5~6月は「バラ」がテーマ(画像:グローバルダイニング)
/wp-content/uploads/2021/06/210609_afternoon_10.jpg
中目黒川沿いにあり、桜の季節は花見も楽しめる「HAUTE COUTURE CAFE(オートクチュールカフェ)」(画像:オートクチュールカフェ)
/wp-content/uploads/2021/06/210609_afternoon_01.jpg
アフタヌーンティー専門店として2021年3月にオープンした「アトリエプラン」(画像:笹木理恵)
/wp-content/uploads/2021/06/210609_afternoon_02.jpg
5000円のコースは、アミューズ、写真のケーキスタンド、最後にソルベという内容。ドリンクは18品が飲み放題(画像:アトリエプラン)
/wp-content/uploads/2021/06/210609_afternoon_03.jpg
店で提供しているアフタヌーンティーの内容をテイクアウトで再現した「おうちdeアフタヌーンティーセット」。1980円~(画像:グローバルダイニング)
/wp-content/uploads/2021/06/210609_afternoon_04.jpg
「purple picnic afternoon tea」(3300円)。バスケットを用いた提供スタイルで、ピクニック感を演出。バスケットの中には、プチエッグバーガーや、トリュフマヨネーズのバーニャカウダなど(画像:オートクチュールカフェ)
/wp-content/uploads/2021/06/210609_afternoon_05.jpg
前述した「カフェ レガート」の店内。広々とした空間で、ゆったりとアフタヌーンティーを楽しめる(画像:グローバルダイニング)

この画像の記事を読む

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画
×