戦後大きく変わった公営住宅の「間取り」 住環境の改善に寄与した「51C型」を知っていますか

東京都は戦後、住宅不足・住環境の向上に取り組みました。そんななかで考案されたのが「51C型」と呼ばれる公営住宅の標準設計です。フリーランスライターの小川裕夫さんが解説します。

/wp-content/uploads/2022/06/210608_danchi_0005.jpg
公営住宅の標準設計の変遷(画像:九州大学)
/wp-content/uploads/2022/06/210608_danchi_006.jpg
公営住宅の標準設計の変遷(画像:九州大学)
/wp-content/uploads/2022/06/210608_danchi_007.jpg
公営住宅の標準設計の変遷(画像:九州大学)
/wp-content/uploads/2022/06/210608_danchi_008.jpg
公営住宅の標準設計の変遷(画像:九州大学)
/wp-content/uploads/2022/06/210608_danchi_009.jpg
公営住宅の標準設計の変遷(画像:九州大学)
/wp-content/uploads/2022/06/210608_danchi_010.jpg
公営住宅の標準設計の変遷(画像:九州大学)
/wp-content/uploads/2022/06/210608_danchi_011.jpg
公営住宅の標準設計の変遷(画像:九州大学)
/wp-content/uploads/2021/06/210608_danchi_01.jpg
公営住宅の標準設計「51C型」(画像:九州大学)
/wp-content/uploads/2022/06/210608_danchi_0002.jpg
昭和の公営住宅のイメージ(画像:写真AC)
/wp-content/uploads/2022/06/210608_danchi_0003.jpg
昭和の食卓のイメージ(画像:写真AC)
/wp-content/uploads/2022/06/210608_danchi_0004.jpg
太陽光パネルを設置した家(画像:写真AC)

この画像の記事を読む

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画
×