新宿の東京都庁、実は「晴海」にできていたかも? 地元民も驚いた幻の移転計画とは

  • 知る!TOKYO
新宿の東京都庁、実は「晴海」にできていたかも? 地元民も驚いた幻の移転計画とは

\ この記事を書いた人 /

真砂町金助(フリーライター)のプロフィール画像

真砂町金助(フリーライター)

現・東京都庁は西新宿にありますが、歴史が変わっていたら、湾岸エリアにあったかもしれなかったのをご存じでしょうか。フリーライターの真砂町金助さんが解説します。

  • /wp-content/uploads/2021/05/210530_tocho_07.jpg
    明治後期の月島・勝どき・晴海の様子(画像:国土地理院)
  • /wp-content/uploads/2021/05/210530_tocho_08.jpg
    明治初期の月島・勝どき・晴海の様子(画像:国土地理院)
  • /wp-content/uploads/2021/05/210530_tocho_01.jpg
    新宿区西新宿にある東京都庁(画像:写真AC)
  • /wp-content/uploads/2021/05/210530_tocho_02.jpg
    1932(昭和7)年に発行された地図。赤枠内が「月島4号地」(画像:国土地理院)
  • /wp-content/uploads/2021/05/210530_tocho_03.jpg
    東京市長を務めた牛塚虎太郎(画像:射水市)
  • /wp-content/uploads/2021/05/210530_tocho_04.jpg
    晴海トリトンスクエア(画像:(C)Google)
  • /wp-content/uploads/2021/05/210530_tocho_05.jpg
    現在の月島・勝どき・晴海(画像:国土地理院)
  • /wp-content/uploads/2021/05/210530_tocho_06.jpg
    『月島発展史』(画像:国立国会図書館デジタルコレクション)
この画像の記事を読む

関連記事