コロナ禍になぜ? 日本橋の星付きフレンチが「おでん屋」を6月に開業する理由

レストランガイド「ミシュラン」で4年連続ひとつ星を獲得している、東京・日本橋のフレンチ「ラぺ」。オーナーシェフの松本一平さんは2021年6月、「ラぺ」からほど近い場所におでん屋の開業を予定しています。「フレンチ」「生産者」「サステナブル」……。飲食業界のいまと未来をひも解く、さまざまなキーワードの詰まったおでん屋に込められた思いをフードライターの笹木理恵さんが取材しました。

/wp-content/uploads/2021/05/210521_oden_05.jpeg
見た目はまるでフレンチ!な「おでんサラダ」(画像:ラぺ)
/wp-content/uploads/2021/05/210521_oden_06.jpeg
「サステナブルシーフード」や、船橋「瞬〆スズキ」などを用いた焼売(画像:ラぺ)
/wp-content/uploads/2021/05/210521_oden_07.jpeg
目にも楽しい「フレンチおでん」(画像:ラぺ)
/wp-content/uploads/2021/05/210521_oden_08.jpeg
目にも楽しい「フレンチおでん」(画像:ラぺ)
/wp-content/uploads/2021/05/210521_oden_01.jpeg
岩手・石黒農場のホロホロ鳥を使った「つくね」など、素材使いも独特なおでん(画像:ラぺ)
/wp-content/uploads/2021/05/210521_oden_02.jpeg
おでんだしで炊く土鍋ご飯にも、季節の素材が(画像:ラペ)
/wp-content/uploads/2021/05/210521_oden_03.jpg
松本シェフ(左)と、「おでん屋平ちゃん」でシェフを務める根内さん(画像:ラペ)
/wp-content/uploads/2021/05/210521_oden_04.jpg
「おでん屋平ちゃん」の内観。カウンター8席と個室からなる(画像:ラぺ)

この画像の記事を読む

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画
×