黒い溶岩は家も車も飲み込んだ――1983年「三宅島大噴火」 今も残る自然の爪痕とは

約20年ごとに噴火を繰り返す東京・三宅島。そんな同島に残った「爪痕」を紀行作家の斎藤潤さんが歩きました。

/wp-content/uploads/2021/05/210508_miyake_06.jpg
現在の三宅島「阿古地区」の地図(画像:国土地理院)
/wp-content/uploads/2021/05/210508_miyake_07.jpg
現在の三宅島「阿古地区」の航空写真(画像:国土地理院)
/wp-content/uploads/2021/05/210508_miyake_08.jpg
噴火前、1975年頃の三宅島「阿古地区」の航空写真(画像:国土地理院)
/wp-content/uploads/2021/05/210508_miyake_09.jpg
現在の三宅島「阿古地区」の航空写真(画像:国土地理院)
/wp-content/uploads/2021/05/210508_miyake_10.jpg
噴火前、1975年頃の三宅島「阿古地区」の航空写真(画像:国土地理院)
/wp-content/uploads/2021/05/210508_miyake_11.jpg
火山体験遊歩道(画像:斎藤潤)
/wp-content/uploads/2021/05/210508_miyake_01.jpg
海辺にできた割れ目火口の火口壁(画像:斎藤潤)
/wp-content/uploads/2021/05/210508_miyake_02.jpg
阿古に残る溶岩に挟まれたクルマの残骸(画像:斎藤潤)
/wp-content/uploads/2021/05/210508_miyake_03.jpg
火山体験遊歩道と1983年の噴火で溶岩に埋まった校舎(画像:斎藤潤)
/wp-content/uploads/2021/05/210508_miyake_04.jpg
かつては摩周湖のたたずまいがあった新澪池の跡(画像:斎藤潤)
/wp-content/uploads/2021/05/210508_miyake_05.jpg
火山体験遊歩道。この下に旧阿古集落が眠る(画像:斎藤潤)

この画像の記事を読む

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画